1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

意外と見落としがち…大掃除で綺麗にしておくべき場所

年末は1年の汚れを落とす「大掃除」を行うご家庭が多いかと思います。そこで、意外とみなさんが見落としがちな、ご家庭の意外と汚れている場所をまとめてみました。

更新日: 2018年12月23日

82 お気に入り 91728 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■みなさん、大掃除の進み具合はいかがですか?

■汚れているけど意外とみなさんが見落としがちなところはココ!

レンジフードや換気扇

普段はカバーに覆われているため、汚れていることに気づきにくいのですが、じつは部屋全体の衛生状態を左右しかねない重要な場所

レンジフードの内部に汚れが溜まると換気が悪くなるため、屋外に排出できなかった空気がキッチンにこもってしまい、壁や天井、床などがベタベタになってしまいます

細い割り箸にキッチンペーパーを巻いて掃除すると、そのまま捨てることができるので便利です

洗濯機の柔軟剤投入口

洗剤や柔軟剤を入れる投入口などは、購入して以来掃除したことが無いと言う人もいると思いますが、見て見るとこびり付きなどもありけっこう汚れている

投入口にカビがある場合、洗濯槽もカビが発生している可能性がありますので、できれば洗濯槽ごと洗うことをおすすめします

電化製品のケーブルまわり

電話・ファックス機・オーディオ機器・PC関連機器は、コードがいくつかあってホコリがたまりやすい

ホコリを掃除せずに放置していると、最悪の場合、トラッキング現象を起こして火災の原因にもなりかねません

長すぎるケーブルは、ヒモなどを使って丸めて(電源ケーブル以外なら丸めても問題ありません)おきましょう

ドアノブ

ドアやドアノブは毎日触れる箇所であるため手垢がたまりがちの箇所になります

一見キレイに見えても、実は目に見えない雑菌が繁殖していたり、よく見てみると、手垢がついていたりすることが多い

ドアノブ汚れは基本的には住宅用洗剤を使用して雑巾で拭けば簡単にキレイになってくれます

スイッチ周辺

特に、小学生くらいの子供がいる家庭では、スイッチの部分だけでなく、スイッチ周りの壁紙も手垢で黒くなります

1 2