前へ 次へ

YouTube

チャギントンだ!子どもたちはびっくり 人気アニメが実車化、岡山で練習走行

【 赤字路線廃止の経営哲学。公共の大義なき惑溺の事業 】

岡山市の瀕死の公共交通の問題の本質は駅東口バスロータリーに集積されており、速やかにMaaSに取り組まなければ、この街の公共交通機関の息の根は完全に止められます。

持続可能な開発目標(SDGs)11.2〔 http://ungcjn.org/sdgs/goals/goal11.html 〕~公共交通機関の拡大などを通じた交通の安全性改善により、すべての人々に、安全かつ安価で容易に利用できる、持続可能な輸送システムへのアクセスを提供するGoalにおいて、當に公共交通の自殺…。

岡山市民が対話を始めなければ街の未来は潰えてしまいます。

この情報が含まれているまとめはこちら

おかやま市 MaaS プロジェクト

機能不全に陥って久しい岡山市の公共交通機関の問題の本質は岡山駅東口バスロータリーに集約されており、犇めく民間事業者の淘汰再編なくして再生なし。よもやMaaSに逆行する路面電車の延伸は、公共交通の自殺とも。健やかな街づくりのための徳業「おかやま市MaaSプロジェクト」に備え、まとめ頁を開設しました。

このまとめを見る