前へ 次へ

YouTube

両備グループが競合のバス路線の認可取り消しを求めた裁判 原告の資格がないと訴えを却下 東京地裁

【 経営陣一掃による当該企業の再生および、急がれる「岡山市交通局」の新設 】
 ・ おかやま市 MaaS プロジェクト〔 https://goo.gl/1yXVZk

人間万事塞翁が馬――。惑溺の興業電車を走らせ適正運賃の努力を怠るなど、公共交通機関の大義(利用者の視点)を持たない同社は、これを企業再生最後のチャンスと捉え、経営改革に取り組まれることを切に希望いたします。

参考『宇野バス 両備バスの比較で判る、岡山市の公共交通機関の問題の本質。いま岡山の県民・市民が議論を始めなければ、この街は終わる… http://www.sunverdir.com/BusRapidTransit

この情報が含まれているまとめはこちら

おかやま市 MaaS プロジェクト

機能不全に陥って久しい岡山市の公共交通機関の問題の本質は岡山駅東口バスロータリーに集約されており、犇めく民間事業者の淘汰再編なくして再生なし。よもやMaaSに逆行する路面電車の延伸は、公共交通の自殺とも。健やかな街づくりのための徳業「おかやま市MaaSプロジェクト」に備え、まとめ頁を開設しました。

このまとめを見る