1. まとめトップ

【サラリーマン必見】バレずに髪を増やす方法は自毛植毛がオススメ

植毛治療をしたいけどバレたくない・・・それが本音ですよね!いきなり髪が増えると不自然だし・・・。そんなあなたにおすすめなのが自毛植毛です!ここでは自毛植毛を利用したバレずに髪を増やす方法をご紹介します!

更新日: 2018年12月25日

0 お気に入り 122 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

otowa1982さん

薄毛対策のタイミング

「最近髪の毛がたくさん抜ける気がする…」 そう気付いた時が対策の始めどき。

何もしないでいるとそのまま抜け毛の量が増えていくだけですので、できるだけ早い段階で対策を始めることが大切です。

せっかく対策を初めても効果が薄い方法ばかり試していても一向に髪は増えず、時間とお金の無駄になってしまいます。

本格的に髪を増やす方法3選

それには大きく分けて以下の3つの方法が挙げられます。
1自毛植毛で髪の毛を増やす
2育毛剤で髪の毛を増やす
3発毛剤で髪の毛を増やす

【1】自毛植毛で髪の毛を増やす

日本皮膚科学会が定めた「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)」によれば、自毛植毛はBランクに位置付けられており有用性が認められています。ちなみにBランクは5段階で上から2番目の推奨度です。

※まずは自毛植毛について詳しく知ろう!クリニックが運営するおすすめメディアサイト

自毛植毛を検討するうえで気になるのが「メリット」ではないでしょうか。薄毛対策が数多く存在する現代において、自毛植毛を選択することにどのようなメリットがあるのか、疑問を感じている方は多いと思います。
ここからは、「自毛植毛のメリット」について詳しくご紹介します。

■仕上がりが自然

上記でも触れた通り、自分の髪がドナーとなるため施術後の仕上がりが非常に自然です。部分的な植毛であっても「この部分に植毛をした」ということが周囲には分かりにくく、そもそも近くでチェックしても植毛の痕跡を確認するのは難しいものです。
そのため、薄毛対策の事実が周囲に知られてしまうのを避けたい人にとって、自毛植毛はあらゆる薄毛対策の中でも非常におすすめできる薄毛対策といえます。

■デザインが自由に決められる

デザインの選択肢が無限に存在するのも自毛植毛のメリットです。
一般的に薄毛対策は自分の希望する通りに勧められないのが事実です。かつらであれば既にデザインが決定していますし、薬物による治療に関しても自分が希望する通りに髪が生えてくるとは限りません。
しかし、自毛植毛であれば自分が望む通りに髪を生やすことが可能です。「生え際のデザインを変えたい」「生え際をもう少し増やしたい」「頭頂部だけボリュームアップしたい」など、こだわりがあっても問題ありません。

■半年で効果が実感できる

メリットとして「半年で効果が実感できる」というものが挙げられます。一見「半年もかかるの?」と疑問を感じてしまいますが、自己流の薄毛対策やスカルプシャンプー、食生活の改善、効果の低いサプリメントなどと比較すると、半年という期間で効果を感じ始められるのは大きなメリットです。
実際、「薄毛用のサプリメントを試して1年経過したけれど効果が実感できない」といったケースは非常に多いです。
効果が実感出来ればモチベーションも向上するもの。短期間で効果の実感を得られるのは嬉しいポイントなのではないでしょうか。

【2】育毛剤で髪の毛を増やす

育毛剤とは今ある髪の毛を健康にし、成長を促進したり頭皮環境を整える効果がある成分が配合されたヘアアイテムです。

育毛剤の多くは医薬部外品に分類されるため、ドラッグストアなどで購入でき、比較的安心して使用できるところが特徴です。

薬事法では医薬部外品や化粧品などに分類されており、医薬品ではないので、薄毛を確実に食い止めたり、改善するほどの効果はありませんが、副作用の心配が不要なのがメリットです。安全に、そして手軽に対策をしたい人は育毛剤を使ってみましょう。

【3】市販の発毛剤で髪の毛を増やす

発毛剤には発毛効果が認められています。
髪の毛を生成する細胞に直接働きかけ、新しい毛を生やすことが期待可能です。

一方、育毛剤の効果はあくまで発毛"促進"効果。
頭皮環境を整えたり、血行を促進することで、新しい毛が生えてきやすい土壌作り程度なら期待可能というわけです。

発毛剤は直接的に作用し新しい毛を生やす効果が認められている点から、育毛剤より効果が強いと言えます。

■飲む発毛剤
日本国内では、2005年に初めての飲む発毛剤の発売が開始されました。男性ホルモンが原因の脱毛症治療のための経口薬、つまり飲むハゲ治療薬です。一般名ではフィナステリドと呼ばれています。フィナステリドを飲むと、頭皮の男性ホルモン、ジヒデロテストステロンの生成を阻害し、服用を続けて6ヵ月程で脱毛が減りはじめると言われています。しかし、フィナステリドは男性型脱毛症の治療薬で、どのタイプの脱毛症にも効果があるわけではありません。

■塗布する発毛剤
脱毛の大きな原因の一つに男性ホルモンが毛母細胞の働きを抑制することがあげられています。ミノキシジルは、この男性ホルモンの働きを抑えてくれる作用があり、また、毛細血管拡張作用により、毛母細胞を活性化させ、発毛促進をさせる作用があることがわかっています。ミノキシジルの効果が表れるには、最低でも 6ヶ月前後の継続使用が重要といわれています。
現在、国内では唯一の発毛剤で、生活改善薬(外用薬)として一般小売店でも購入することができます。

■発毛剤の副作用と注意点
フィナステリドを内服した国内臨床試験の結果では、万有製薬によると、最大で58%の改善効果が見られたと報告されています。また、海外臨床試験の結果でアメリカでは70%以上の効果があるといわれています。
発毛剤と言われているものでは、医学的にエビデンスがあるものは、今のところ「リアップ」「フィナステリド」になります。しかし、どちらの発毛剤も薬の服用をやめると、毛髪は脱毛の進行を再発すると言われています。

髪を生やす際の悩み!バレたくない!

1 2