1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

言っちゃダメ!赤ちゃんに対する「NGワード」を理解したい

これから年末年始です。親戚や友人同士の集まりなどで生まれたばかりの赤ちゃん接する機会があるかも。そのような時に、「絶対に言っちゃダメ」なNGワードがあるってご存知でしたか?

更新日: 2018年12月25日

117 お気に入り 244015 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のある記事を参考に作成しています。

■赤ちゃん

泣いても笑っても怒ってても可愛い赤ちゃん!そんな天使のような赤ちゃん

産まれたばかりの新生児は小さくて儚くて、触れたら壊れてしまいそう…。 と思っていたら、あれ? 可愛いシャックリに、小さなクシャミ、オジサンみたいな爆音のおなら

例え自分の子や知り合いの子ではなくても、全く知らない子でも、赤ちゃんを見ると無条件で「可愛い!」と感じる

■お正月に会う!という人も多いのでは?

@siroPIKO905 今年、赤ちゃんが4人増えたから16人にお年玉あげなきゃだし正月には娘のBDもあるし… 年末年始が本当に一番出費がヤバいよ笑 クリスマスまでドキドキだよね~(❁´ω`❁)

いとこのちゃん今日生まれた✨イブに赤ちゃんとか!!!私もそろそろお年玉あげるのかなʕ•ᴥ•ʔ

そういや弟のとこに赤ちゃんが産まれたんだった。お年玉は1000円か2000円でいいな

@nico_dore3 甥っ子君に赤ちゃんが生まれたのかぁー! 大姪っ子に大甥っ子と、正月のお年玉の行き先沢山やぁー\(//∇//)\ 賑やかそうだなぁーお正月笑笑

■そんな赤ちゃんには積極的に話しかけてあげよう

赤ちゃんは、話す能力よりも意味を理解する能力のほうが発達が早い。喉の筋肉の発達や運動機能が整えば、赤ちゃんの言葉は自然と生まれてくる

1歳くらいの赤ちゃんは言葉が出ないだけで、言われていることは理解は出来ています。

言葉を育むためには、子供の反応に寄り添った声かけ・話しかけを行わなければ意味がありません。

赤ちゃんは理解していると思って自然な言葉をかけてあげるように意識しましょう。

赤ちゃんが何を伝えたいかがわかったときには、「うれしいのね」などと言葉で返しましょう。

自分が思っていることを伝えると共に、赤ちゃんの思いも声に出してあげるようにします。

■しかし、「NGワード」もあるのでちゃんと理解しておきたい

ここではママに対してNGな言葉をご紹介します。赤ちゃんに自信に対しては、一般的に非常識と考えられる攻撃的や下劣な言葉はNGとなります。

【正直な感想を言う必要はない】自分のことならまったく怒らない人でも、子どもや孫のことなら激怒するというのはよくある話。生まれたばかりの赤ちゃんは、まず例外なくサルのようですし、1歳や2歳なのに老け顔だったり、将来が不安になるぐらい目つきが悪い赤ちゃんもいます

欠点は絶対に言ってはなりません。演技派俳優になりきってお世辞で攻めましょう。

大人が相手ならただの嫌味ですが、「モデル事務所にはもう登録したんですか?」といったレベルのベタベタのお世辞でもOK。とにかく褒めるの一手

あまり似てないね 子供が自分に似てるか似てないか、言われて嬉しい人もいれば、そう言われたくない人もいる

■髪の毛薄くない?目が離れてない?など容姿の欠点はNG

「目が離れてるわね」「頭の形が歪じゃない?」と、子供の顔や体付きなどの身体的な部分を、さも〘こうだったら良かったのに〙と言いたげな発言には、聞いているママも大ショック

NG質問「パパ似かな?」「誰似ですか?」⇒言い換え「○○なところが、ママに似ていますね!」

パパ似、ママ似もNG

赤ちゃんの髪の毛の生え方は、赤ちゃんトークの鉄板ですが、これも要注意です。中には髪が生えるのが遅かったり、生え方が特徴的だったりする赤ちゃんもいます

■何か月? 大きいですねor小さいですねもダメ

赤ちゃんの成長には個人差があります。こちらが言った月齢が当たっていたら問題ないですが、大きく外す場合も多々ありあます。

赤ちゃんを見て、思わず「小さいね」「大きいね」などと言う人も多いはずです。悪気はなくても、特に「小さい」という言葉に傷つくママも多い

1 2