加藤追記
「特急あさかぜ」は、好評をもって迎え入れられ、昭和33年10月の改正で20系客車に置き明けられることとなりました。
結果的に、「あさかぜ」と他の寝台列車の格差が大きすぎたため、昭和34年10月の改正で、「平和」の愛称も変更して、「さくら」となりました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日本国有鉄道史 景気循環と国鉄 第3話 特急あさかぜの誕生

昭和30年代、国鉄では画期的な寝台特急が誕生しました、大阪を無視して九州に直通する寝台特急でした。この列車は、「あさかぜ」と命名され、人気を呼ぶことになりました。

このまとめを見る