1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

umakabukoさん

人間ドック、そもそも健康診断と何が違うの?

人間ドックと健康診断の違いをご存知でしょうか。

何となく人間ドックのほうが詳しく調べるものという印象はあっても、正確なところはよく分からないという方が意外に多いはずです。両者の違い、そして人間ドックを受けることのメリットについてご紹介します。

人間ドックと健康診断の一番の違いは、人間ドックは自分の意志で受けるものであるのに対して、健康診断は法律で義務付けられているものです。

そして、下の図のように人間ドックと健康診断では検査をする項目の数に大きな違いがあります。より細かく検査をしたい場合には検査項目が多く用意されている人間ドックを、義務付けられた項目だけで良ければ健康診断を受診します。

お金はかかるのでしょうか?

●健康診断と人間ドックでは、検査項目の数が倍以上異なります。

●人間ドックは、健康診断では見つからない‘病気の種’を、早期発見することができます。
●受診料が高額な人間ドックですが、割安で受診できる可能性があるので、チェックしてみましょう。

人間ドックや健康診断の違いを比較し、健康を守るための有効的な活用方法について、徹底検証していきます。【受診】【検査項目】【費用】

人間ドックは受けてみたいけれど、時間がなかなかとれない、費用も高そう……とやり過ごしている方もいるのではないでしょうか。

そもそも人間ドックに保険は適用されないのか、自己負担費用はどれくらいを目安にすればいいのかといった疑問にお答えします。

では何歳からどんな検査が必要なの?

実際、人間ドックって何歳くらいから受ければ良いのでしょうか?3300人の医師にアンケート調査を実施し、健康診断に加えて人間ドックを受け始めるべき年齢について聞いてみました。

人間ドック学会によると、人間ドックの対象年齢は20歳からとなっています。しかし、20歳になったら毎年人間ドックを受けた方がよいのでしょうか?

実は、人間ドックは年齢によっては受けなくても大丈夫な場合もあるのです。そこで今回は、人間ドックの年齢別受診頻度とオススメオプション健康状態に合わせたオプションについて解説します。

【年齢に応じた検査を選ぼう!】

何でも検査をすればよいのではなく、年齢別で注意しなければいけない検査項目は異なります。

自分の年齢に合わせ、検査項目を絞って賢く会社の検診結果の見方や、人間ドックを受けましょう。それでは、年齢別に注意した方が良い疾病リスクと、その検査項目についてご紹介します!

【しっかり受ける場合の、優先順位のつけ方】

実は、医師の立場からすると「ぜひ受けておきたいもの」もあれば「予算があれば追加しておきたいもの」「それを受けるなら他でおすすめしたいもの」があります。

そこでこの記事では、人間ドックで何を診てもらうべきか、優先順に解説します。初めての人間ドックで迷われている方や、再度受診を検討されている方はぜひ参考になさってください。

いよいよ、病院の選び方

【選び方のポイントについて】

沢山の病院があるので、どこで人間ドックを受けるべきか迷いますよね。ここからは早速、選び方をご紹介します。

日本人間ドック学会は、受診者が安心して健診を受けられることを目的として、人間ドック健診施設を評価しています。

学会が定める様々な審査項目をクリアした優良な施設が「機能評価認定施設」です。

【検索・予約サイトならスピーディに探せます】

【自分へのご褒美に、贅沢ドックという選択もあります】

「春日クリニック 特別ドック」

多忙な毎日を送る方にこそ、健康のチェックは欠かせないものです。春日クリニックの特別ドックは、先進の医療施設と上質なホスピタリティを完備しております。万全の体制で、あなたの身体を細部まで徹底的に検査いたします。

「東京ミッドタウンクリニック プレミアム人間ドック」

世界水準の医療サービスとホスピタリティを追求する「東京ミッドタウンクリニック」では病気の早期発見と予防のために、お一人おひとりの生活習慣やご希望に合わせたテーラーメイドの人間ドックをご提案いたします。プライバシーに配慮した特別診察室を利用しながら、コンシェルジュの案内で快適な健康診断を受診ください。

どんな準備をすればいいの?

1 2