1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

宇都宮城釣天井事件は本多正純が将軍徳川秀忠を暗殺しようとしたと言われていますが、実際はそんな事実はなかったと言われています。そこで真相はどうだったのか?まとめてみました。

ezurerikiさん

宇都宮城釣天井事件

宇都宮城釣天井事件をテーマにした映画「怪異宇都宮釣天井」

江戸時代の元和8年(1622年)、下野国宇都宮藩主で江戸幕府年寄の本多正純が、宇都宮城に吊り天井[注釈 1]を仕掛けて第2代将軍徳川秀忠の暗殺を図ったなどの嫌疑を掛けられ、本多家は改易、正純が流罪となった事件である。ただし、実際には宇都宮城に釣天井の仕掛けは存在せず、改易は別の原因によるものとされる。

正純の父・本多正信は将軍秀忠付の年寄、正純は駿府の大御所徳川家康の側近であり、家康も正信のことを「自分の友」とまで言っていたほど信頼は厚く、その地位は揺るがなかった。

元和2年(1616年)、家康と正信が相次いで没すると、正純は2万石を加増されて下野小山藩5万3000石となり、秀忠付の年寄(後の老中)にまで列せられた。しかし、正純は先代からの宿老である事を恃み権勢を誇り、やがて秀忠や秀忠側近から怨まれるようになる。元和5年(1619年)10月、福島正則の改易後、正純は亡き家康の遺命であるとして、奥平忠昌を下野宇都宮藩10万石から下総古河藩11万石へ移封させ、自身を小山5万3000石から宇都宮15万5000石への加増とした。だが、これにより、正純はより一層の反感を周囲から買うことになる。

本多正純

本多 正純(ほんだ まさずみ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。江戸幕府の老中。下野国小山藩主、同宇都宮藩主(第28代宇都宮城主)。本多正信の長男で、正信系本多家宗家2代。

徳川家康の側近であったが、徳川秀忠の代に失脚した。

出典https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E5%A4%9A%E6%AD%A3%E7%B4%94

小山藩

戦国時代、小山家は古河公方と「兄弟の契盟」関係を結び、その後北条家の支配下に入っていた。小田原征伐で後北条氏が敗北するとともに小山氏は改易され、小山は結城晴朝、秀康の支配下となった。関ヶ原後、秀康が越前福井藩に加増移封になると、小山は天領となった。慶長13年(1608年)、本多正純が3万3000石で小山に入ったことから、小山藩が立藩した。

正純は徳川家康の謀臣であり、知将でもあった本多正信の嫡子で、正純も父に劣らず知略に優れていた。家康が大御所になると家康の側近として権勢を大いに振るった。家康没後は徳川秀忠に仕え、元和2年(1616年)には2万石を加増された。元和5年(1619年)、正純は下野宇都宮藩15万5000石に加増移封となり、ここに小山藩は廃藩となり、その所領は古河藩に吸収されたのである。

奥平忠昌

奥平 忠昌(おくだいら ただまさ)は、江戸時代前期の大名。下野宇都宮藩主、下総古河藩主。奥平家昌の長男。徳川家康の曾孫にあたる。

曾祖父である徳川家康の存命中に出生していた。

徳川秀忠

徳川幕府二代将軍。家康の第三子。幼名は長松、のち竹千代。院号は台徳院。慶長10年襲職。大坂冬・夏の陣に父と共に出陣して豊臣氏を滅ぼし、徳川氏の世襲的政権を確立した。学を好み、筆跡は優美な御家流を示す。また茶を古田織部に学んでよくその法を伝えた。寛永9年(1632)歿、53才。

出典https://kotobank.jp/word/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E7%A7%80%E5%BF%A0-19099

事件の経過

元和8年(1622年)、正純は秀忠が家康の七回忌に日光東照宮を参拝した後、宇都宮城に1泊する予定であったため、城の普請や御成り御殿の造営を行わせた。4月16日に秀忠が日光へ赴くと、秀忠の姉で奥平忠昌の祖母・加納御前から「宇都宮城の普請に不備がある」という密訴があった。内容の真偽を確かめるのは後日とし、4月19日、秀忠は「御台所が病気である」との知らせが来たとして、予定を変更して宇都宮城を通過して壬生城に宿泊し、21日に江戸城へ帰還した。

8月、出羽山形藩最上義俊の改易に際して、正純は上使として山形城受取りのため同所に赴いた。その最中、秀忠は、鉄砲の秘密製造や宇都宮城の本丸石垣の無断修理、さらには宇都宮城の寝所に釣天井を仕掛けて秀忠を圧死させようと画策したなど、11か条の罪状嫌疑を正純へ突きつけた。伊丹康勝と高木正次が使いとして正純の下に赴き、その11か条について問うと正純は一つ一つ明快に回答した。しかし、康勝が追加で行なった3か条[注釈 2]については回答することができなかったため、所領は召し上げ、ただし先代よりの忠勤に免じ改めて出羽由利郡に5万5000石を与えると命じた。

謀反に身に覚えがない正純がその5万5000石を固辞したところ、逆に秀忠は怒り、本多家は改易となり、正純の身柄は久保田藩主佐竹義宣に預けられ、出羽横手への流罪とされた。後に正純は1000石の捨て扶持を与えられ、寛永13年(1637年)3月、正純は73歳で秋田横手城の一角で寂しく生涯を終えたという。

日光東照宮

日光東照宮(にっこうとうしょうぐう)は、日本の関東地方北部、栃木県日光市に所在する神社。江戸幕府初代将軍・徳川家康を神格化した東照大権現(とうしょうだいごんげん)を祀る。日本全国の東照宮の総本社的存在である。正式名称は地名等を冠称しない「東照宮」であるが、他の東照宮との区別のために、「日光東照宮」と呼ばれることが比較的多い。

出典https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E5%85%89%E6%9D%B1%E7%85%A7%E5%AE%AE

宇都宮城

宇都宮城(うつのみやじょう)は栃木県宇都宮市本丸町にあった日本の城。関東七名城の一つ。江戸時代は宇都宮藩の藩庁となった。

波紋、冤罪か?

正純謀反の証拠は何も無く、秀忠も宇都宮城に不審点が無い事を、元和8年(1622年)4月19日に井上正就に行なわせた調査で確認している。この顛末は、正純の存在を疎ましく思っていた土井利勝らの謀略であったとも、加納御前の恨みによるものともされる。加納御前は正純が宇都宮に栄転したのに伴って格下の下総古河への転封を命じられた忠昌の祖母であり、しかも加納御前の娘は、改易させられた大久保忠隣の嫡子大久保忠常の正室であった。

また、秀忠自身も父家康の代から幕閣の中で影響力を大きく持ち、自らの意に沿わない正純を疎ましく思っていたという説もある。

土井利勝

土井 利勝(どい としかつ)は、安土桃山時代の武将、江戸時代初期の譜代大名であり、江戸幕府の老中・大老である。下総国小見川藩主、同佐倉藩主、同古河藩初代藩主。土井家宗家初代。徳川秀忠政権における老中として、絶大な権勢を誇った[2]。その事績や資料については原念斎が編纂した『賢相野史』に詳しい。

加納御前・亀姫

亀姫(かめひめ、永禄3年6月4日(1560年6月27日) - 寛永2年5月27日(1625年7月1日))は、徳川家康の長女。母は築山御前(瀬名今川氏)で、松平信康は同母兄。奥平信昌の正室。永禄3年(1560年)、駿府で生まれた。天正4年(1576年)、長篠の戦いをめぐる戦功への家康からの褒美として、三河の新城城主・奥平信昌へ嫁いだ。生涯、信昌に一人も側室を置かせず、自身で4人の男子(家昌・家治・忠政・忠明)と1女(大久保忠常室)を儲ける。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの戦勝により、慶長6年(1601年)夫・信昌が美濃加納10万石に封じられ、三男・忠政共々、加納に移ったことから、加納御前・加納の方と呼ばれるようになった。やがて忠政、宇都宮藩の嫡男・家昌、信昌と夫子らの相次ぐ死去を受けて、剃髪して盛徳院と号し、幼くして藩主となった孫たちの後見役となった。

横手城

1 2