1. まとめトップ

【ディズニー映画】最新!2019年~2020年公開予定のディズニー新作映画一覧

2019年~2020年に公開される予定のディズニーアニメ映画、注目のマーベル映画を紹介します。

更新日: 2019年04月04日

2 お気に入り 32683 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

メリー・ポピンズ リターンズ

第37回アカデミー賞の5部門で受賞した名作『メリー・ポピンズ』のおよそ半世紀ぶりとなる続編。前作の20年後の大恐慌時代を舞台に、再び現れたメリー・ポピンズが起こす奇跡を描く。主演は『ヴィクトリア女王 世紀の愛』などのエミリー・ブラント、共演にコリン・ファース、メリル・ストリープ、ベン・ウィショーらのほか、前作に出演したディック・ヴァン・ダイクも出演。『シカゴ』などのロブ・マーシャルがメガホンを取った。

舞台は1930年代のロンドン。時代は大恐慌、バンクス家の長男マイケルは3人の子供の父親となっていました。しかし、大恐慌という暗い時代、おまけに、マイケルは妻を亡くし、決して幸せな生活を送っているとはいえる状況ではありませでした。

そんなバンクス家に現れたのは以前と変わらない姿のメリー・ポピンズでした。メリー・ポピンズと友人のジャック、そしていとこのトプシーも加わり、崖っぷちのバンクス家に再び夢と希望と幸せを取り戻すお手伝いをするのでした。

キャプテン・マーベル

「キャプテン・マーベル」は、マーベル・シネマティック・ユニバース作品初の女性ヒーロー単独作品。主人公キャプテン・マーベル/キャロル・ダンバースは、人間と宇宙人であるクリー人の遺伝子が合わさったヒーローで、未来を予知したり、宇宙空間も移動できる。

幼い子供とともに、狂気としか言いようがない人生を強いられた女性の実話を元にした、2015年の映画「ルーム」で、見事アカデミー主演女優賞に輝いたブリー ラーソン。

その豊かな才能により、ハリウッドでもっとも注目される女優 ブリー ラーソンが、人気沸騰中のMCU(マーベル シネマティックユニバース)では初の女性ヒーローに挑戦するとして、大きな話題となっています。

ダンボ

本作は、ディズニー・アニメーションの名作『ダンボ』をベースに、オリジナル脚本で実写映画化されるファンタジー・アドベンチャー。ティム・バートン監督の独特な映像美と世界観が、古くから愛されてきたディズニーの名作をどう生まれ変わらせるのか、期待が高まっている。

“大きすぎる耳”を持つ子象のダンボが主人公。サーカス団の笑いものだったダンボは、やがてその大きな耳を翼にして空を飛べることに気づく。コンプレックスを強さに変えたダンボは、引き離された母を救うため、サーカス団の家族の力を借りて新たな一歩を踏み出すことに。大きな耳で大空を舞うダンボが、世界中に“勇気”を運ぶファンタジー・アドベンチャーだ。

ペンギン(ドキュメンタリー)

『ペンギン』はスティーヴと名付けられたアデリーペンギンの暮らしを追ったドキュメンタリー映画です。
制作したのはディズニーの動物ドキュメンタリー部門「ディズニーネイチャー」。
ディズニーネイチャー制作の動物ドキュメンタリー作品は、いつも大物ハリウッド俳優がナレーションを担当することでも知られています。

アベンジャーズ/エンドゲーム

1 2 3 4