1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

早大から東大まで!冬ドラマで注目したい「高学歴」俳優たち

芸能界に学歴はあまり関係ないものの、聞けば気になる「高学歴俳優」。2019年1月期冬ドラマでは、『節約ロック』の藤井美菜、『新しい王様』の香川照之、『イノセンス~冤罪弁護士~』の藤木直人、『パーフェクトクライム』のトリンドル玲奈、『いだてん~東京オリムピック噺~』の髙橋洋などがいる。

更新日: 2019年03月23日

1 お気に入り 7833 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『節約ロック』(月曜深夜0時59分、日本テレビ)

上田竜也(右)と重岡大毅(左)

大久保ヒロミのコメディー漫画をドラマ化。散在癖が原因で恋人に振られたタカオ(上田竜也)が、彼女を取り戻すために節約に励む姿を描く。

節約とロックに共通点があることに気付いたタカオは、さまざまな節約に挑戦。だが、元恋人に爽やか系イケメンの節約マニア・コウタ(重岡大毅)が近づく。

脚本を「ヒモメン」(2018・7月クール、テレビ朝日系)、映画&ドラマ「咲-Saki-」シリーズ(2016~2018)などの森ハヤシ。

・主人公の元カノ役には慶応大学出身の藤井美菜

まったく貯金をしようとしないタカオに愛想を尽かせて別れる元カノ・大黒マキコ役は藤井美菜。

アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ生まれ。慶應義塾湘南藤沢高等部を経て、慶應義塾大学文学部に進学・卒業。

2006年「シムソンズ」で映画デビュー。その後、2007年フジテレビドラマ「ヤングシナリオ大賞・ブロッコリー」で主演を務める 。2012年より語学力を生かし、韓国でも活動を開始。

◆『新しい王様』(夜11時56分、1月8日から連続放送、TBS)

藤原竜也と香川照之が共演する連続ドラマ「新しい王様」が、1月8日よりTBS系にて放送。また、そのSeason2が動画配信サービス・Paraviで配信される。

正反対の価値観を持つ「ふたりの王様」が、テレビ局の買収を競って激突する様を描くエンターテインメントドラマ。

・欲望を追求する“王様”役の香川照之は東京大学出身

物語の核となるのは、藤原竜也が演じる、「カネの力」や「所有する」ことに対して距離を置き、新しい価値を見つけようとしている自由人・アキバと、香川照之が演じる、カネやモノや女へのあくなき欲望をストレートに追求するファンド会社代表・越中の2人の王様。

東京大学卒業。両親は、三代目市川猿之助(現・二代目市川猿翁)と女優の浜木綿子。

1989年に俳優デビュー。多数の作品に出演し、日本の映画・テレビ界においてなくてはならない存在となる。東京国際映画祭や日本アカデミー賞などでも数々の賞を授賞。2012年に九代目市川中車(イチカワチュウシャ)を襲名し、歌舞伎役者ともなる。

◆『イノセンス~冤罪弁護士~』(土曜夜10時、日本テレビ)

左から川口春奈、坂口健太郎、藤木直人

無実にもかかわらず逮捕や起訴された人々を“冤罪(えんざい)の恐怖”から救うため、弁護士・黒川拓(坂口健太郎)が情熱と科学を武器に冤罪に立ち向かうヒューマン・リーガルエンターテインメント。

拓は現場で起きた事象を実験で再現し、先入観などを基にした捜査の矛盾点を突いていく。

脚本は「S -最後の警官-」シリーズの古家和尚が手がける。

1 2