岡田クンは、元高校球児で、芝居の経験は卒業前に一度舞台に立ったことがある程度です。ドラマはもちろん雑誌やCMにも起用されたことがないまま、いきなりプライム枠に大抜擢。それも前クールは大ヒットした“ギボムス”こと『義母と娘のブルース』や、一昨年ブームを巻き起こした『逃げるは恥だが役に立つ』など高視聴率をマークしてきた“TBS火曜10時枠”でした。そこでいきなりメインキャストというのは、やはり荷が重すぎたと見る向きがほとんどです」

出典「中学聖日記」大コケで岡田健史の演技力を心配する声 “一発屋”で終わる可能性も | デイリー新潮

前へ 次へ