1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

カボスntさん

ミッションインポッシブルシリーズ

ミッション:インポッシブルシリーズは、1996年公開のアメリカ映画『ミッション:インポッシブル』に始まる一連の映画作品シリーズである

。秘密諜報組織「IMF(Impossible Mission Force、不可能作戦部隊)」に所属する、トム・クルーズ演じるイーサン・ハントを主人公とする。

やっぱミッションインポッシブルは面白いですな

16 ミッションインポッシブル3 3は1番シリーズの中で大好き。 2と3はイーサンは女性関係もでてくるんだけど、2の時よりも3の方が更に深くなってて。でも、2のバイクチェイスも好きだなー。 やっぱ愛っていいねーと思う作品。 pic.twitter.com/1VqKF5jTOS

ミッションインポッシブル フォールアウト観ました。 トムクルーズって何歳よ? 50過ぎたおっさんでしょ? 若手俳優よりアクションするおっさん。めっちゃ好き。 ミッションインポッシブル全部好き。 今作も最高でした!

LEON

『レオン』(仏題:Léon、米題:The Professional)は、1994年製作のフランス・アメリカ合作映画。リュック・ベッソン監督によるアクション映画。日本公開時のコピーは「凶暴な純愛」。

リュック・ベッソンのハリウッド初監督作品。会社側はそれほど重視していない作品であったが、『レオン』は予想を上回る大ヒットと批評家からの高評価でリュック・ベッソンの代表作となり、ジャン・レノとナタリー・ポートマンもこの作品でブレイクした。

ニューヨークで孤独に生きるイタリア系移民のレオンは、プロの殺し屋として、レストランの店主という表の顔を持つイタリア系マフィアのボス、トニーを介した依頼を完璧に遂行する日々を送っていた。
ある日、「仕事」帰りのレオンはアパートの隣室に住む少女マチルダと、彼女の顔に父親からの暴力の痕があることをきっかけに知り合う

@PaCKorz 若い頃のナタリーポートマンがめちゃ可愛いし、ゲイリーオールドマンのイカレっぷりが素敵よ! 勉強なったは

「セブン」でのブラピがケビンスペイシーを撃つシーンと「レオン」でジャンレノがナタリーポートマンと別れを告げるシーンは何回観ても泣く。いいシーン過ぎて。

トランスポーターシリーズ

『トランスポーター』(仏題: Le Transporteur, 英題: The Transporter)は、2002年製作のフランス・アメリカのカーアクション映画。何でも運ぶプロの運び屋を主人公とするカーアクション映画である。フランスでは2002年に、日本では2003年に公開された。

更に2012年からはクリス・ヴァンス(吹き替えは藤原啓治)をフランク・マーティン役に据えたTVシリーズ『トランスポーター ザ・シリーズ』が放送された。 2015年にはエド・スクラインを二代目フランク・マーティン役に据えた『トランスポーター イグニション』が公開された。

主人公のフランク・マーティンは、黒いBMW735i(E38)を愛車とする運び屋(トランスポーター)である。高額な報酬と引き換えに、どんな品物も時間厳守で目的地に運ぶことを生業としている。そして彼は自分の仕事に対して「契約厳守」「(依頼者の)名前は聞かない」「依頼品を開けない」の3つのルールを課し、同時に運び屋としての信用を得ている。また、彼は特殊部隊に5年いた経歴を持ち、その天才的な運転技術と共に各種格闘術にも長けている。

@masa_64mo @Twice_mina_r にオススメされた映画の感想は、、、、 トランスポーター2見させて頂きます。笑笑 ハマったやつ笑笑

@apagundam1 @qusirunGOS @gaelwin_354 ハゲが似合うイケメンってジェイソンステイサムしか思いつかんのだが ジェイソンステイサムなのか? pic.twitter.com/4Xm50xxvDi

父親がトランスポーター見すぎておすすめジェイソンステイサムだらけで草

Mr.&Mrs. スミス

『Mr.&Mrs. スミス』(ミスターアンドミセス・スミス、原題: Mr. & Mrs. Smith)は、2005年のアメリカ映画。

1 2