1. まとめトップ

【まとめ】韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について

【まとめ】韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について

更新日: 2018年12月28日

0 お気に入り 279 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

345tyanさん

韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について

動画においては、海自P-1が、火器管制レーダーを一定時間継続して複数回照射されたとみられる場面や、海自P-1が当該駆逐艦から一定の高度と距離をとって飛行していること、また、海自P-1が当該駆逐艦に対して、「韓国海軍艦艇、艦番号971(KOREA SOUTH NAVAL SHIP, HULL NUMBER 971)」と英語で計3回呼びかけ、レーダー照射の意図の確認を試みたことなどが記録されています。

韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について 12/28、韓国海軍「クァンゲト・デワン」級駆逐艦から、海上自衛隊第4航空群所属P-1(厚木)への火器管制レーダーを照射された件について、当該P-1において撮影した動画を公表しました。 youtu.be/T9Sy0w3nWeY mod.go.jp/j/press/news/2… pic.twitter.com/aEDNT7ADDx

【#PressRelease】 Today,we updated the video of the incident occurred on Thursday, December 20, an ROK naval vessel directing its fire-control radar at an #MSDF patrol aircraft. #JMOD #JSDF youtu.be/s93-l68D3Eo mod.go.jp/e/press/releas… pic.twitter.com/uIZyi14tDO

岩屋防衛大臣 記者会見にて

本事案については、様々な論評がなされておりますが、中には自衛隊が不適切な行動をとったのではないかなどという御指摘もあったりするわけですが、海上自衛隊の側が国際法や国際取決めに従って、適切な行動をとっていたということを、是非、国民の皆様には御理解をいただいておきたいということでございます。

1