1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

2019年も民放が次々タッグ!ドラマの「放送×配信」が進んでいた件

近年、急速に進む民放各局と配信サイトのタッグ。連続ドラマ新作も、放送と同時配信や先行配信される作品が続々。2019年もTBS×Paravi、MBS(TBS)×U-NEXT、テレビ東京×TSUTAYA プレミアム、フジテレビ×FOD、HTB×Netflixなど様々な組み合わせがある。

更新日: 2019年01月05日

4 お気に入り 5268 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

TBSで放送後、ParaviでSeason2を配信

◆『新しい王様』(1月8日放送スタート、TBS)

藤原竜也と香川照之が共演する連続ドラマ「新しい王様」が、1月8日よりTBS系にて放送。また、そのSeason2が動画配信サービス・Paraviで配信される。

藤原さん演じるのは、“カネの力”や“所有する”ことに対して距離を置き、新しい価値を見つけようとしている自由人のアキバ。一方、香川さんはカネやモノ、女への欲望をストレートに追求するファンド会社代表の越中勲。相反する2人の“王様”を中心に、駆け引きや栄光と転落を描きます。

脚本・演出を手掛けるのは、「闇金ウシジマくん」シリーズでも知られる山口雅俊さん。「カイジ 人生逆転ゲーム」や「カイジ2 人生奪回ゲーム」にもプロデューサー、製作として携わっており、藤原さんと香川さんとのタッグにも期待が高まります。

【Paraviとは】

Paravi(パラビ)はTBSやテレビ東京、WOWOW、日本経済新聞など国内主要メディアが共同で提供する動画配信サービスです。「日本最大級の国内ドラマアーカイブ」と謳う通り、国内ドラマがすこぶる充実。

MBS(TBS)で放送後、U-NEXTで独占配信

◆『ゆうべはお楽しみでしたね』(1月6&8日放送スタート、MBS&TBS)

女優の本田翼と俳優の岡山天音のダブル主演で、金田一蓮十郎氏の漫画『ゆうべはお楽しみでしたね』が実写ドラマ化。

オンラインゲームで知り合った男女が、現実世界のシェアハウスで生活する様子を描くラブコメディー。ギャル系女子だが、ゲームでは男性キャラになるみやこを本田が、オタク男子だがゲームでは女性キャラのたくみを岡山が演じる。

MBSにて1月6日より、TBSにて1月8日から放送。なお、本作の見逃し配信がU-NEXTで行われる。1月9日より毎週水曜正午に配信される。

【U-NEXTとは】

2007年に提供開始した「U-NEXT」は、国内の動画配信サービスでも古参の存在。月額料金は1990円と他サービスに比べて少々高めですが、映像コンテンツ数でおそらく国内最多の13万本以上(うち約8万本が見放題対象)。

テレビ東京で放送直後からTSUTAYA プレミアムで独占配信

◆『デザイナー 渋井直人の休日』(1月17日放送スタート、テレ東)

「奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール」で知られる渋谷直角がotona MUSEで連載中の同名コミックを実写化。

52歳のデザイナー・渋井直人(光石)は、こだわりが強くおしゃれなため、女性からの評判が良い。しかし、女子大学生や編集者など、次々現れるヒロインたちに翻弄(ほんろう)される。そんな少し痛いが愛らしい渋井の日常と恋模様をコミカルに描く。

光石研

同ドラマは、「TSUTAYA プレミアム」での独占配信が決定。放送終了直後から配信される(※TVer、テレビ東京オンデマンド、GYAO!での見逃し配信もあり)。

【TSUTAYAプレミアムとは】

リアルのレンタル店と映像配信サービスを組み合わせた新サービス。新作、準新作除くパッケージ作品の借り放題とTSUTAYAの動画配信サービス「TSUTAYA TV」の見放題をこのサービス1つで実現する。

フジテレビで放送前にFODで先行配信

◆『JOKER×FACE』(1月14日放送スタート、フジテレビ)

1 2