1. まとめトップ

バイク用タイヤメーカー・ブランドのまとめ

タイヤは、バイクにとって重要なファクターの一つでどんなバイクもタイヤ次第です。愛車に変化を望むならどんなパーツよりもまずタイヤです。世界各国のタイヤメーカーをまとめました。あなたのお気に入りのメーカーがきっと見つかります。

更新日: 2019年01月12日

1 お気に入り 3995 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ダンロップ

長い歴史と確かな技術力が世界に名高い国産タイヤメーカーのダンロップ。
2輪4輪問わず幅広く支持されています。
環境に配慮した製品づくりでも知られており
21世紀の社会と自然環境にマッチした高品質ブランドです。
モータースポーツの世界でも積極的に活動しており、国内、アジア選手権などで250ccクラスへのワンメイクタイヤとしても参戦。
Moto2/Moto3やJSB1000にも参戦経験がありその技術は公道用タイヤに引き継がれ、高いパフォーマンスを発揮します。
国内のレースシーンは勿論、海外でも活躍し、純正で採用するメーカーも多数。独自の技術の分割トレッドタイヤなど革新的な商品が光ります。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)

日本が世界に誇るタイヤブランド「ブリヂストン」。
ハイグリップタイヤからロングライフのツーリングタイヤまで幅広くラインナップしていています。日本足袋株式会社(現在のアサヒシューズ株式会社)がのタイヤ部門として発足したのが会社の源流で、1931年(昭和6年)に「日本タイヤ株式会社」(にほんタイヤ)として独立分社化しました。そして、その後1951年(昭和26年)に「ブリヂストンタイヤ株式会社」に社名変更し、1984年(昭和59年)に現在の社名になりました。

IRC

IRC(井上ゴム工業株式会社)は、二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーとして1926年の設立。30年以上の海外事業での経験を生かし、人々の生活を支えるタイヤから世界最高レベルのレースで勝利を勝ち取るためのタイヤまで、IRCブランドの製品を通じて人々の生活に新しい価値と楽しさを提供し続けています。主力のオートバイ用タイヤとしては、オンロード用ラジアルタイヤを除く各種車種向けタイヤを幅広くラインナップしている。とくにホンダ・スーパーカブなどのビジネス用タイヤやスクーター用小径タイヤを豊富に用意していることが特徴です。

MICHELIN(ミシュラン)

フランスのタイヤメーカーミシュラン。パフォーマンスに優れたコンパウンドと最適化された構造、そして特許を取得したタイヤのサイプ(細かい溝)を開発、ミシュラン独自のノウハウを駆使し優れたタイヤを実現しました。妥協のないタイヤを求め、ミシュランはさらなるパフォーマンスと安全性の向上を目指しています。
ラインナップが多く、サーキット、ワインディング、通勤通学など最適なタイヤが必ず見つかります!幅広いライダーに支持され、国内メーカーにも劣ることなく支持を得ています!ミシュランの高パフォーマンステクノロジーは、ライダーそれぞれのニーズに応えます。

PIRELLI(ピレリ)

ピレリブランドは、強力なレーシングDNAを持ったブランドでありレーシングフィールドでトップクラスのブランドだと長い間認識され続けてきました。ピレリではオンロードとオフロード両方の競技用にレーシングタイヤのラインアップを提供しています。
サーキット用として、スリックタイヤのDIABLO™Superbikeや溝付のDIABLO™Supercorsa*などがありどちらもコンパウンドを選択できます。
また降雨時用としてレインタイヤのDIABLO™Rainを用意しています。 オフロード競技用のラインナップとして、モトクロス用のSCORPION™MX*シリーズ、エンデューロ用のSCORPION™Pro F.I.M、クロスカントリー用としてSCORPION™XC等があります。
全日本ロードレース選手権や、SBKなど数々のレースで大活躍しているのは、技術力の高さの証です。その技術は余すことなく公道用タイヤに引き継がれ最高のパフォーマンスを発揮します!!

METZELER(メッツラー)

メッツラーは100年以上前に、ドイツのミュンヘンで設立されました。
設立時から常に最高の品質基準を設定し、生産管理に妥協しない姿勢を貫いてきました。
メッツラーは、スポーツ系ライダーだけでなく、ハーレー乗りにも人気のあるタイヤで
スチールベルトを採用した高い技術力でタイヤのグリップを最大限に発揮。
オン・オフ問わず、レースからフィードバックを得て研究&テストを重ね開発生産されております。ラインナップも多くお気に入りの一本が見つかるはずです。

TIMSUN(ティムソン)

ティムソンは、日本バイクメーカーの純正装着タイヤをOEM受託生産している工場で製造する中国の新鋭タイヤメーカーです。日本、イタリア、台湾の最新設備を導入し、日本の道路事情や、通勤・通学・ビジネスシーンといったヘビーユーザーのニーズに配慮したタイヤづくりによって、優れたトータルパフォーマンスを実現しています。ラインナップも豊富でスクーターからスポーツバイクまで、オンロードからオフロードまで、幅広いラインナップを取り揃えています。

SHINKO(シンコー)

1 2