1. まとめトップ

【料理辞典】ハーブ料理研究家・女性・レシピ・葉子(若林葉子)まとめ

このまとめでは、ハーブ料理研究家の葉子(若林葉子)についてまとめています。

更新日: 2018年12月30日

0 お気に入り 85 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

料理研究家とは?

料理研究家(りょうりけんきゅうか)とは、一般に料理について研究し、人々に伝達する専門家である。伝達は料理教室、料理本(レシピ集や料理文化紹介など)の執筆、あるいは料理番組などマスメディア出演を通じて料理を指導することで行われる[1]。一般大衆を対象とする場合と調理師などプロを対象とする場合とがある[1]。また、料理の歴史、文化的側面や科学的側面を考究する者(広義に解釈すれば食物史家や料理記者などもこの範疇。「料理評論家」として区別する事もある)のように、自ら職業として料理する機会のない者を指すこともある。

ハーブ料理研究家・女性・葉子(若林葉子)

生活にハーブを取り入れるためのノウハウが満載のレッスンプログラム
初心者から楽しめる
ハーブティーブレンダー やハーブインストラクターを目指すコース
フィトセラピー
メディカルハーブ
グリーンアドバイザーでもある葉子が丁寧にハーブガーデニングも指導
庭園福祉活動にも長年携わってきた

京都御所にほど近い場所に教室がある
築100年余りの京町家
中庭ではハーブが育てられている

カルチャーセンター 学びのところgaku を併設
レンタルルーム ギャラリーとしても利用できる
ショッピングサイトや店頭で オリジナルハーブティーも販売

日本ハーブ振興協会 主席研究員

ハーブ料理研究家・葉子(若林葉子)の公式サイト

公式サイトを見ると、ハーブ講演会 ハーブセミナー 企業からの依頼と実績が多い

ハーブ機関誌 「ハーブな生活」にて料理レシピ連載中 (日本ハーブ振興協会 発行)

ハーブの歴史は?

イタリア料理では必ず使われていると言っても過言ではないバジル。古代エジプトでは、食中毒防止のためにバジルで冠を編んで酒宴を開いていたとか。とても歴史のある由緒正しいハーブなんです。 #アロマ #aromajp goo.gl/sfCpI

シャルトリューズ フランスに伝えられた薬草系リキュールで、「リキュールの女王」とも称されるよ。もともと1600年頃に不老不死の秘薬としてつくられた、ロマンある歴史があるんだ! 大きく分けてハーブの風味が強調された緑の「ヴェール」とハーブ+蜂蜜の黄色の「ジョーヌ」があるよ!

江雪左文字「アニスは、古代エジプトでミイラの防腐剤としても使われた、歴史のあるハーブです。消化促進や、たんをきる作用があります」

歴史をたどると、魔女と呼ばれた女性たちは薬草に長けた「賢き女」、薬剤師のような民間療養師だったようです。魔女の大切にした植物たちの物語を知ったら、庭や森の植物たちがより一層大切に感じました。書籍『魔女のシークレット・ガーデン』発売しました。#魔女 #ハーブ urx2.nu/O78a pic.twitter.com/pi1QqV0vaQ

スペアミントはシソ科ハッカ属の植物です。歴史は古くハーブとして用いられ、草丈30~60cm程の多年生草木で葉は対生し槍の穂先の様な形で縁にノコギリの刃の様な形の切れ込みがある。茎の先端に長さ5cm程の花穂を伸ばしそこに白や淡紫のを多くつける。花言葉は、温厚、温かい心、思いやりなどです。 pic.twitter.com/H4JB0XjLhp

ハーブリスト・ハーブ一覧

ハーブの効果や効能は?

ハーブティー。一口に言われていますがその使うハーブによって様々な効果があります。例えばそうですね…リラックス効果のあるナツメグに、このような話をするのは申し訳ないのですが、月経の際の出血量をコントロールするネトルズやパートリッジベリーなどがあります。

香りには心身をリラックスさせる効果があります。とくに、ラベンダー・カモミール・オレンジなどの香りには気持ちを落ち着かせ、スムーズな眠りを誘う効果があります。お好きな香りのアロマやハーブティーでリラックスしましょう。

【睡眠を心地良くするハーブ】 バレリアン(セイヨウカノコソウ):睡眠導入に一番効果的 カモミール:紅茶に入れる セロリ:鎮痛成分豊富 レモンバーム:リラックス促進 ラベンダー:入浴時に入れる ホップ:枕の下にニオイ袋として(特に女性に効果的) #有益なことをつぶやこう

「レモンバーベナ」 吐き気、鼓腸、消化不良、気分爽快、 リフレッシュ、ストレス、精神的疲労と効能があります。 アロマオイルはもちろん・ハーブティーも販売しているので 疲れた身体を癒す為の参考にしてください。

おはようございます 10/9誕生花、フェンネル 花言葉、ほめられて当然。 別名ウイキョウ。歴史上最も古い作物の一つと言われるハーブで葉や種に甘くスパイシーな香りがあり咳止めや利尿、健胃と効能もあります。葉をいぶすと妖精が集まり、種には魔除けやお守りにと魔法使いが使っていたという伝説も pic.twitter.com/mCoJiEdyMq

lycopus europaeus ジプシーワートの名前でハーブとして扱われる。日本ではシソ科シロネ属の多年草ヒメサルダヒコとして北海道から九州の湿地に見つけることができる。甲状腺機能亢進症に効能があるらしいが具体的なデータは見つけることができなかった。ジプシーたちが肌に塗る習慣もあるらしい。 pic.twitter.com/NK6hCDEBPC

ハーブ類には体内の糖化反応を抑制する効果がありますが、その中でもカモミールが効果が高いそうです。 他には ①ブドウ葉 ②ツバキ ③ヨモギ ④ドクダミ ⑤トウモロコシ茶 これらのお茶は酸化に効果があります。 #ダイエット

【カモミール】 花にリンゴの果実に似た甘い香りがあります。大昔から薬草やハーブとして利用されてきました。安眠、リラックス、鎮静、健胃、消化促進、頭痛などに効能があります。 花言葉:逆境に耐える、逆境で生まれる力 pic.twitter.com/yy6hS6n9wc

ペパーミントの香りは、つらい生理痛や二日酔い、消化不良に効果的です。強いハーブの香りは、消化薬や抗菌剤として長い歴史があります。現代でも風邪や鼻づまりの治療に使用されています。天然の薬草で副作用もありません。

マロウ(英:mallow)。 喉の痛みによく効く効能をもつ、ヨーロッパ原産のワイルドフラワー。中世ヨーロッパでもハーブの一種としてサラダに花を散らしたり、炎症をおさえるために煎じていたそうです。12世紀イングランドの書物に記録が残っていますが、おそらく「ムスクマロウ」かなと推測します。 pic.twitter.com/El2X731Xdh

ローズマリーの効能は鳥取大学の教授の研究で実証済みです

【アロマ(香り)で認知症予防2】 ローズマリーには海馬(記憶の脳)を回復しアルツハイマーを改善させる働きがあると鳥取大学の浦上教授の研究で実証された。 アロマテラピーの歴史においては古くから記憶力を高める香りと言われ使われてきたが、医学的な実験により実証されたのは今回が初めて

ハーブを使用したレシピは?

1 2