1. まとめトップ

ハミルトンが育った、カリブ海のセント・クロイ島(Saint Croix)とはどんなところ?

ミュージカル『ハミルトン(Hamilton)』の主人公、アレクサンダー・ハミルトンが育ったのはカリブ海の島、ネイビス島でした。どんな島なのかまとめましたよ。

更新日: 2019年01月02日

0 お気に入り 306 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ミュージカル『ハミルトン(Hamilton)』の育った土地は、カリブ海のセント・クロイ島(Saint Croix)でした。

そのセント・クロイ島とはどんな島なのでしょうか?

セント・クロイ島(Saint Croix)とは、カリブ海のアメリカ領ヴァージン諸島にある島である。 ヴァージン諸島の中では一番大きく、一番南側にある島。島の最高峰であるイーグル山(355m)があるが、セント・トーマス島やセント・ジョン島と違い、起伏は少ない。
面積214km2、人口約50,000人、中心地はクリスチャンステッド。

島にはデンマークの植民地時代の建造物が数多く残っており、中心地のクリスチャンステッドと、もう一つの町フレデリックステッドなどに見られる。18世紀の要塞やラム酒の工場、サトウキビ農場などの跡地もある。

観光名所は?

Rust Op Twist Sugar Mill

Estate Mount Washington Plantation

Old Danish Customs House

1