1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

カーリースは損ばかり?使い方で変わるお得感

結論から言うと、新車をリースするよりも購入した方が、割引なども踏まえ車両価格は断然お得です。しかし、初期費用・月額の出費・それに維持する事の負担や、一定支出を考えると、間違いなくカーリースで決まりです!

150万程度の車には向かず、ファミリーカー等の車両価格・維持費のかかる車両をご購入の方にお勧めしたものです。

勘違いしがちなカーリース。借りている…という認識よりも、実態はローンと同様。
大きな利点は初期費用の持ち出し・ボーナス払い・それに車検や整備費用といった、定期的に起こる大きな出費を抑え、自由度が高く定額で車が使える事にあります。

カーリースといえば、従来は会社が借りるもの?といった認識が強かったものですが、近年では個人向けに月額1万円程度~新車に乗れるサービスも増え、家庭レベルでも支出を抑えた裕福が増えた気がします。また、収入にバラつきが出る現代(ボーナスカット等)にて、安定し、一定額でワンランク上の車にも乗れるのは魅力ですね。

デメリット
①オープン型(契約満了時に車売却を行い、残額を支払う:或いは売却せずに残額を支払う)
・後に残額を清算する必要がある
・契約満了時に高く売るための維持が必要(ぶつけないとか…)
・走行距離の規制がある(超過の場合、追加料金がかかる)

②クローズ型(契約満了時に残額は出ない・売却をする必要がない。自分の物)
・一定の収入変動がない方には、車両代が高いだけ
・コンパクトカーのような維持費の安いものは、残価設定をすると逆に高くなる可能性がある

新車が安いタイミング!意外と知らない裏事情

一説に聞いた話では、店頭に並ぶ極度に安い新車は、代理店がメーカーノルマを達成する為に、自社で買上げたお品。その為、売上を重視しているわけではなく、売切りを優先しているとの事です。その方が、代理店としては、メーカーからのインセティブが上がったりと…色々あるようです。

代理店契約をするために「メーカーと取り決めた販売台数」を非常に気にするという性質を持っています。

いわゆる販売ノルマです。

中古車選びの損得勘定…ホントにお得な選び方とは?

「おいしい基準」は人それぞれ」まさにその通りで、新車やリースといった方法で購入する以外に、中古車には、大きな人それぞれな基準が存在します。

人気で尚且つ、走行距離が短く、傷も少なければ市場価格は高値となるでしょう。
しかし、走行距離は走っているが、何をもって高走行だからダメ…と判断しているのでしょうか?6万・10万・12万キロ…。

国内では、売り時6万・処分10万キロなんて、勝手な憶測が根付いていますが…。
一部、12万キロ程度でパーツの劣化が問題で、費用がかさむために処分と考えるようです。

メルセデスは次世代に乗り継ぐ車をコンセプトにしていたと言われていますが、30万キロ程度までオーバーホールなしで走行が可能であると言われています。確かに使う側の問題もありますが、それぐらい大丈夫だと話される整備士も多くいます。もちろん、国産車も同様に、メンテナンスを怠らなければ、非常に高走行でもしっかりと活躍できる範囲にあるのです。

当たり前ですが、現在、人気が高い車種・走行距離・それに外観の状態は、中古車市場では大きく反映されます。そのほか、ディーラーの点検記録簿なども価格の変動に大きく関係しています。

果たして、これだけを参照し、売出しの価格が高い中古車を選ぶ事が懸命でしょうか?最新でなくとも、年式を感じない風格の車は沢山存在し、人によっては、そちらを選ぶほうが「得」と感じる方も多いはずです。

車は良いけど…駐車スペース考えてる!?

売り手の変化と、購入できる喜び^^

以前の日本は、「単純に物を売る」という概念から、買う側の満足度を追求するようになりました。その行く末が、物が売れない時代…あらゆる方法の先に、間口を広く、出口を狭くした販売者が増えてきている現実がありますね。

私も踏まえ、みなが、損をしない購入ライフがおくれるように、時代に特化したサービスをチェックしておきましょう!

1