1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

治験モニターの口コミや体験談

bookseuroさん

治験モニター疲れました

友人がたまに、治験モニターのアルバイトをしていることを聞き、
私もちょっと経済的に苦しかったので、お小遣い稼ぎだと思って初めてやってみました。

人体に行う臨床試験という言葉を聞いて、最初は不安が大きかったのですが、
同じように参加している人を見て、けっこう慣れている人が多くて、だんだん不安はなくなりました。

すごく緊張したのですが、あっという間に日数が経ってしまい、
特に体に副作用などもなくて、終わって無事帰宅した時にはホっとしました。

私が治験モニターに参加することによって、誰かが助かるのであれば、すごく嬉しいことですよね。

治験モニターのアルバイトは、高額なのがとても魅力的ですが、
今回は宿泊をともなうアルバイトだったので、精神的にかなり疲れました。

しかしそれに見合ったお金をもらえたので、満足しています。

今度は金額は少なくても、宿泊をともなわない治験モニターをしてみたいと思っています。

友人のなかには、楽してもうかるアルバイトと軽く考えている人もいますが、
自分の体を使うので何か副作用があったら、後悔しても後悔しきれないと注意してくる人もいます。

私は今本当にお金に困っていたので、治験モニターのアルバイトをしましたが、
これからも同じような状態になったら、またアルバイトをすると思います。

治験モニターで収入を得つつ新薬を試せる

特定の病気を患っている方にのみ、治験モニターを受けることができます。治験モニターとして働くためには、まずサイトでの登録が必要となり、その時にどのような病気を患っているのか記載することになります。この情報が正しくないと、実際に行う時にとんでもない問題となってしまうので、必ず正直に記載してください
こうした情報を元に、サイト側でこのような治験があるので参加しませんかと持ちかけてくれます。これに応じることで、治験モニターとして働くことができます。基本的に健康診断を行い、その症状が出ているようなら治験をするこちになります。症状がない場合や、症状が弱い場合は断られる傾向が多いようです

こうして治験モニターに選ばれると、新薬を試すように言われます。どのような使い方をするのか説明を受けた後、決められた日数分利用することになります。そして定期的に検査を行い、最終的にどのような効果があったのかを確かめます。期間中は薬を使わなければならないので、勝手に辞めてはいけません
最後までモニターに参加すると、参加費用が受け取れます。これによってちょっとしたお小遣いになるのです。治験モニターは種類によって金額が異なり、高いものでは相当な金額を得ることができます。その分リスクもあるようなので、説明はしっかりと聞くようにしてください

治験モニターに対するイメージ

治験モニターに対する知識がないと、治験モニターはとても特別な行為であるように思えてしまいます。確かに、普通に日常生活を送っているだけではなかなか治験モニターをする機会はなく、実態がわからない不安があるのは当然です。

 しかし、実際の治験モニターは、パッと想像するような怖さがあるわけでは決してありません。得体の知れない薬品を投与されたり、よくわからない注射をされたり、副作用が出てしまったりなど、治験モニターを知らないとついついそうした怖い想像をしてしまいがちです。

 ですが、そもそも治験モニターでは新薬の検証をするためだけではなく、一般の人でもよく口にするようなダイエット食品やサプリメントなども試されます。新薬というとだいぶ身構えてしまいますが、ダイエット食品やサプリメントといえば「身近だな」と感じられる人も多いのではないでしょうか。

 ですから、治験モニターというのは安全がかなり守られていますので、危険というイメージは払拭したほうが良いと思います。

 そして、治験モニターはさまざまな企業の研究や開発にとても役立つものであり、広くいえば社会貢献していると言っても過言ではないのです。ですので、治験モニターはとても需要のある行為なのです。

フリーター、治験モニター初体験

フリーターでお金に困っていたので、治験モニターのアルバイトをしました。

これは友人に教えてもらったのですが、何か怪しいことのように思えて、
最初は断ったのです。

しかしお金が本当になくて生活が苦しかったので、自分なりに治験モニターを調べて、
大丈夫かなと思えたので、治験モニターのアルバイトをすることになりました。

数日間宿泊して、朝と昼と晩にご飯がでてきて、とても楽なアルバイトだと思いました。

薬を飲むだけでこんなに高額なアルバイト代がもらえるのか!と、
治験モニターのイメージがとてもよくなりました。

久しぶりに会った学生時代の友人に、治験モニターのアルバイトをしたと話すと、
怖いからやめたほうがよいと言われましたが、何も知らずにただ怖がるのっておかしいですよね。

私も最初は治験モニターについて、悪いイメージをもっていたので、
人のことは言えないのですが・・・。

とにかくフラフラして正社員として働いていない私にとっては、とても良いアルバイトだと思います。

健康な体だけが自慢の私なので、どんどん治験モニターのアルバイトをしていきたいと思っています。

最近、暇があれば治験モニターの情報サイトを見て、良いものがないか探しています!

治験モニターとは

治験モニターというと、発売前の新薬を飲んで実際の効果を試したり、副作用などが出ないかどうかを調べるような仕事、という印象がありますが、実際には薬に限った事ではなく健康食品であったり、コスメであったりとその分野は多岐にわたっています。
治験モニターは、研究段階においてどれほどの効力があるのか、またはある程度の副作用を予見していますが、実際使用してみるまではそれが想定内かどうかは未知数です。
それを万全に整え、世の中に出す最終チェックをするのが治験と言う事になるので、想定外の事も起こり得るというのが、一番大きく不安に感じるところだと思います。
とは言え、考え方によっては誰よりも早く新薬を試せるという事になり、ニキビや花粉症などに悩んでいる方は率先して治験モニターに応募される場合もあるようです。
治験モニターは募集サイトから申し込みが出来ますが、選ばれるための秘訣というのはないようです。治験の内容によって、年齢や性別などに制約があるのは勿論ですが、脂肪を抑えるサプリメントなどの治験では逆に肥満体型の方が選ばれやすいなど、目的によってかなり人選の基準が変わります。
また必ず医師の診察もあるため、持病がある方などは選ばれるのはかなり難しいと言えるでしょう。

稀な副業バイトの一種、治験モニター

治験モニターについては噂を聞いていましたが、交通量調査のバイトの際にも噂はありました。どちらも、バイトとしては比較的1日に対する給料が高額です。治験モニターとなると、簡単な上に期日中入院していれば25万円、40万円といったまとまったお金になるとも聞いています。

実際、調査員の中には治験モニターの経験者が1人だけいたことがあります。交通量調査のバイトをする人なら、同じような類のバイトとして一度は耳にしたことがあるのではないかと思います。とはいえ、実際に参加するところまでは数少ないです。いわゆる副業の類のもので、稀な仕事の一種です。

治験で検査を受けたあとは一定期間入院をします。治験ですが、事前にいったん安全性を確認された薬を使うから、二次的なものです。人間に使うのははじめてといったところでしょう。そこで万が一、何か健康に害があったらというリスクが伴う体を張った仕事です。それで何か請求するというのは控えることを条件にしています。とくに労働環境で疲れるとか拘束時間が長いとかいったことはありませんし、脈を測るなどして、寝転がっているだけの簡単なものであったりします。

体を張ってまで治験をするかいなかですが、安全度が高いと考えられており、何か健康害が発生したという情報はこれまで聞いたことがありません。

女性でもできる治験モニター

治験モニターと言うと男性を対象としたものが多いイメージがありますが、女性を対象とした治験モニターもあります。
内容は肌年齢の測定や通常は有料の健康診断を無料でできるものなど様々。
良くイメージとして上がる入院して行う治験モニターについては殆どなく日帰りや通院も1-2回だけと言った手軽にできるものの方が多いのが実情です。
ですがどこで実施されているのか、治験モニターについての情報はどこから得るのかと疑問もあるでしょうが、募集されている治験モニターについて調べられるサイトが存在しているのです。
そこを軽く検索するだけで女性向けのものから健康志向の強いもの、普通の健診と変わらないものなど多様な募集内容について調べることができ、また地域も絞ることで地元で行っている治験も調べることができます。
治験モニターのイメージと言うとあまり明るいものではありませんが、実際はそのようなイメージとは裏腹にオープンなものなのです。
危険性を気にされたりするかも知れませんが、投薬などではないものも多くあるのでまずは自分でも安心してできそうなものでモニターとして参加することでそれまで見ることのできなかった裏側も見ることができます。
普段の生活では体験できない治験モニターを体験することで視野を広めたりできるのも治験モニターのメリットと言えるでしょう。

治験体験

東京で治験に行ってきた事があります。
正直かなりおいしいアルバイトで、1日で2万程度を稼げました。
内容としては、鼻炎を患っている人が募集対象であり、朝9時から夕方5時の時間拘束がありましたが、注射と、問診、診察で終了といった物でした。
この募集に対して20人近くの人が来ていましたが、ぱっと見は、何だか変な人ばかりでした。
治験その物には、リーマン・ショックで、職を追われた為、小金稼ぎとして行くことにしたのですが、全く不安がなかった訳でもなく、むしろ新薬を注射として投薬される事に大分不安を覚えた物ですが、結果的には何もおかしな症状もでる事がありませんでした。
実は、この治験は2次試験もありまして、1次試験の結果によっては、声がかかる様になっており、私澪2次試験に来てくださいと手紙がきたのですが、お断りしました。2次試験に至っては、3時間ほどの拘束で1万5000円のアルバイトの様でしたが、この様な単純アルバイトが癖になりそうでしたので、自分自身に注意を促したという理由もあります。
治験モニターのアルバイト自体は、東京に行けばたくさん募集しておりますが、地方に行くと壊滅的なぐらい募集がありません。人生経験として、良い経験をさせて頂きました。

治験モニターで出稼ぎアルバイト

出稼ぎのアルバイトって一般的には力仕事といった風にきつい仕事をイメージしがちですが、治験モニターに関してはその常識を覆すぐらいに楽しくて楽な仕事です。

 私はフリーターをしているのですが、いろいろなアルバイトの中でも一番気に入っているのが治験モニターのアルバイトです。

 何故治験モニターのアルバイトが高額なのかというと、24時間のうち寝ている時間も時給に換算されるから時給1000円でも24時間で1日の日当が軽く24000円といった風に日当が高額に膨れ上がるのです。

 そして何よりも嬉しいのは、仕事といっても1日のうちに検査する時間ってほんの少しなので暇な時間が多いのです。

 施設内には個室があってお風呂も冷暖房も完備していて、いろいろなゲームや漫画、雑誌といった娯楽も整っているから治験モニターの間はリフレッシュ休暇気分でそういった娯楽に没頭しています。

 他にも私がこの治験モニターアルバイトを気に入っている点は、食事が病院の入院食みたいな超ヘルシーな物ばかりなので健康管理とダイエットにも最適な点です。

 いつも自分一人だったらコンビニかほか弁、ファーストフードばかりの食生活でお肌も荒れていたから、治験モニターに参加している期間に健康に気を付けた食事のおかげでそういった荒れた食生活もリセット出来るから嬉しいです。

 こんな風に治験モニターはフリーターにはもってこいのアルバイトなのでした。

治験モニターは高額な臨時収入を期待できる

あまり広く知られているわけではありませんが、治験モニターはなかなか高額な臨時収入を手にすることができます。

 普通、アルバイトと言えば時給800円や900円が当たり前ですが、治験モニターの場合は1日当たり1万円以上するものもあり、時給に直したら1000円以上になっているものも少なくありません。

 しかも、通常のアルバイトと大きく異なるのは、治験モニターは特に仕事をしなくても良いということです。アルバイトだったら、決められた時間、職場の人間の支持に従って働くのが普通ですが、治験モニターの場合は、普通のアルバイトのように働く必要はありません。決められた時間拘束されるのは一緒ですが、特に何か重労働したりする必要はないのです。

 また、入院などをして大規模な治験モニターを行なう場合もあります。そんなときは、確かに自宅でプライベートな時間を過ごすことはできなくなってしまいますが、比較的自由な空間の中である程度の期間を過ごし、10万円以上報酬を手にする場合もあるのですから、収入面で決して侮れないのが治験モニターなのです。

 このように、治験モニターには確かに自分の体を提供するという側面がありますが、それに見合うだけの報酬があるということを覚えておいて損はないと私は思っています。

1