1. まとめトップ
  2. カラダ

また太っちゃった…正月太りの原因と対策をおさらいしよう!

美味しいお正月料理を食べながらだらだらと寝正月…といったお正月の過ごし方をしていると、あっという間にお正月太りしてしまいます。ちょっとした習慣に気をつけて、お正月太りを撃退しちゃいましょう!

更新日: 2018年12月31日

21 お気に入り 40104 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■毎年、この時期は「正月太り」が気になります

実家にいると両親があれも食べろこれも食べろって食べさせてくるから正月太りが恐ろしい

正月太り、避けられないができれば1kg程度で収めたい

■改めて「正月太り」の原因を見直そう!

正月料理は高カロリー

正月太りの中で最も気をつけたいのが高カロリーな料理の食べ過ぎです

普段と違ったメニューやごちそうを目の前にすると、つい食べ過ぎてしまいますし、甘いものやおもちなどの太りやすそうな料理も多くなります

この時期は、毎日のように美味しいものを食べますし、お酒を飲む機会も増えてしまうことから、どうしてもカロリーを過剰摂取してしまいがち

寝正月も体重増加の大きな要因

普段と変わりない生活を送ることで正月太りは防げるので、意識して体を動かすようにしましょう

一日のうち30分だけでも外に出て、ウォーキングやストレッチなどで少し体を動かすだけでも、体の代謝を上げられます

寝不足は正月太りを加速させる

寝不足で血糖値やホルモンバランスが乱れると脂肪の分解など新陳代謝が悪くなります

夜遅くまでの飲食が太るというのは、太る原因になりますが、生活の乱れも体の代謝を悪くして、よりカロリーの消費を滞らせます

夜遅くまで楽しみたいときは楽しむ、他の日はしっかり休息をとる、などオンオフを使い分けるようにしましょう

カラダの冷えも気をつけよう!

寒い季節、特にお正月には、体温を維持するために本能的に皮下脂肪を溜め込みやすくなる時期です

体が冷えることで血液やリンパの流れが悪くなることも、正月太りを加速します

代謝や血流をアップさせる栄養(ビタミンB群、E、鉄、イソフラボンなど) をしっかり取り、お風呂は湯船にゆっくり浸かるようにしましょう

ストレッチでその周辺組織を刺激すると、停滞しがちな血流や代謝を上げてむくみ解消などの効果も期待できる

1 2