1. まとめトップ

【大阪観光】大阪に来たらやっぱりたこ焼きでしょ!!そんな大阪のおいしいたこ焼き屋のまとめ

大阪に来たらやっぱりたこ焼きでしょ!!そんな大阪のおいしいたこ焼き屋のまとめ

更新日: 2019年01月14日

1 お気に入り 2277 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

大阪に来たらやっぱりたこ焼きでしょ!!そんな大阪のおいしいたこ焼き屋のまとめ

kazu---さん

やまちゃん 本店

こちらのたこ焼きは外がカリッとして、なかがとろとろな食感が人気です。生地に味がついているので何もつけず素のままを楽しむ「ベスト」や、ソースをかけて青海苔をふった「レギュラー」、マヨネーズとソースの「ヤング」などいろいろなバリエーションがあります。

生地にもしっかり味がついていて、ソースをかけない「ベスト」と呼ばれる食べ方をするお客さんも多いらしい。このたこ焼きは、天王寺に行く理由の一つに挙げられても全然おかしくないと思います。

はなだこ

行列のできる名店「はなだこ」は、大阪駅・梅田駅からすぐという立地と、気軽に立ち食いできるところが魅力!

昔ながらの名店が軒を連ねる「新梅田食道街」の一角に店を構えているところも、「地元の美味いもん」を食べられそうな期待が持てますよね♪

はなだこの「たこやき」は大阪定番の味!ふっくら大きめのたこ焼きにソース・マヨネーズをかけて頂く、王道のスタイル。
「ねぎマヨ」には、たこやきを覆い尽くすほどねぎが山盛りで乗っており、見た目の迫力はあるものの、意外とあっさりと頂ける。
次いで人気のある「たこせん」は、うすいせんべいでたこ焼きをはさんであり、袋に入れた状態で渡してくれるので、食べ歩きにもおすすめ。

甲賀流

若者に大人気のテイクアウト専門店。生地の膨らみにこだわって、ダシベースと隠し薬味を絶妙なバランスで配合しています。

約40年と長い歴史を持つ『甲賀流』は生地やソース、トッピングなど、全てにおいてこだわりが強い。そのこだわりがあるからこそ、今までお客さんに愛され続けて来たんだなあ……と感じさせられる。さて、まずは王道の “ソースマヨ” (10個 350円)を食べてみよう。

今でこそソース+マヨネーズはいろんなたこ焼き屋さんで見られる組み合わせですが、最初にやりだしたのは「甲賀流」だとも言われております(※諸説あるようです)。つまり、ソースマヨは甲賀流の代名詞なのだ!

あっちち本舗 道頓堀店

具の中で一番大事なたこは冷凍ものを一切使用せず、中央市場から生だこを仕入れて茹でていますので、歯ごたえやおいしさは格別。かつおだしと小麦粉の配合にも細心の注意を払った生地で作るたこ焼きには、醤油とマヨネーズ味がお店一番のおすすめだそうですよ。

おすすめは「しょうゆマヨネーズ味」。醤油とマヨネーズの相性が抜群で、ひと皿でお腹いっぱいになる食べ応え。酒とTVを楽しめるスペースを完備しているので、たこ焼き片手にゆっくり過ごすのもあり。持ち帰りも可能なので、近くを訪れた時は立ち寄ってみては。

十八番

「十八番」さんはとんでもない量の天かす(揚げ玉)をたこ焼きに投入する事でお馴染み! たこ焼きの生地一面に敷き詰められた天かすがすごい!

「たこ焼き十八番」のおすすめ、さっぱりとした塩味のたこ焼きです。シンプルゆえに、生地のクリーミーさ、奥深いだしの風味、カリっとした食感など、「たこ焼き十八番」ならではのオリジナリティ溢れるたこ焼きの魅力を存分に感じられます。

会津屋

あの漫画『美味しんぼ』で「本物のたこ焼きだ」と絶賛されていたのがこちらのお店です。大阪の玉出という下町に本店があるのですが、ここ梅田にも支店があるのでお買い物帰りに立ち寄れます。

ふんわりとろとろの元祖たこ焼きはだしがしっかり効いていて、そのままいただいてもうま味十分。さらに添付のだし汁につけていただくと、明石焼きのような味わいになるのがいいですね。卓上の酢醤油とウスターソース、一味などをお好みでかけるとまた違った味を楽しめますよ。

1 2