「原作を読んだとき、『セッション』で自分自身に問いかけたことの延長線上にあるものを感じました。それは、人が目指しているゴールを追求するのにどれだけ代償を払うのか? 目標を達成するためにどんな犠牲があるのか? ということでした」

出典ライアン・ゴズリングとデイミアン・チャゼル監督が、新作映画『ファースト・マン』のプロモーションで来日! | OK!J ニュース | セレブリティーライフスタイル「OK!

前へ 次へ