1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」など2019年の天体イベント

まるで漫画の必殺技のようなネーミングの「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」など、2019年に天体観測が予定されている世界の天体イベントをチェック!

更新日: 2019年01月01日

118 お気に入り 112569 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

日本で見れるものと、見れないものがあるので参考にして下さい。

nyokikeさん

▼米国で来年1月21日、「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」が観測できる!

【天文現象】「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」来月21日に米で観測 news.livedoor.com/article/detail… 1月最初の満月「ウルフムーン」と月が大きく見える「スーパームーン」に皆既月食「ブラッドムーン」が重なるという。 pic.twitter.com/RNyaX4plkY

月が通常よりも大きく見える「スーパームーン」、皆既月食の際に月が赤く見える「ブラッドムーン」、1月最初の満月である「ウルフムーン」が組み合わさり、「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」となる。

スーパームーンとは、月がほぼ近地点(地球に一番近づく位置)*1で満月か新月となったとき、月が最も大きく見える現象のこと。

赤色に変色した月の通称。地球の影が月に完全にかかる皆既月食の時に神秘的な赤色になる現象。

月食が起きるのは満月の時のみで、1月の最初の満月は「ウルフムーン」として知られていることから、多くの人はこのイベントを「スーパー・ブラッド・ウルフムーン・エクリプス」と呼んでいる。

・残念ながら日本からはまったく見えません

北米と南米では東部標準時間の午前0時12分ごろ、このショーを観測できる。欧州とアフリカの西部でも観測できる見通しだ。

▼スーパー・ブラッド・ウルフムーンに注目が集まっていました

来月21日の月は「スーパーブラッドウルフムーン エクリプス」っていう名前らしい 多分相手は死ぬ cnn.co.jp/fringe/3513079…

1月最初の満月を『ウルフムーン』というらしいんだけど、2019年1月21日の満月は、さらに月が地球に接近する『スーパームーン』と、皆既月食の『ブラッドムーン』が重なって、『スーパーブラッドウルフムーン』になると聞き、私の中の厨二が最高に暴れてる。

何やよく分からんけど、狼男がメッチャ強くなりそうな日だな。(^w^) cnn.co.jp/fringe/3513079… 「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」、来月21日に観測 米

え?! スーパー・ブラッド・ウルフムーンてなに!? アニメの技名みたいでカッコいい!

▼2019年の天体イベント…見逃し厳禁です

1月6日には部分日食が北東アジアや北太平洋で見られる。東京では太陽の30%、北京では20%、ウラジオストクでは37%が月に隠れる。

日本では午前中に全国で部分食が見られる。北日本、東日本ほど大きく欠け、東京での最大食分は約0.4

4月19日~5月26日にはハレー彗星(すいせい)の残骸からできたみずがめ座イータ流星群が見られる。米東部時間5月6日午前3時ごろにピークを迎え、1時間に20~40の流星が出現する予定。

7月2日には南アジアや南米で皆既日食が起きる。中国南部やアルゼンチン、南太平洋で観測でき、米東部時間の午後3時23分に隠れる部分が最大となる。

※日本からはまったく見えない

7月16日には南米、欧州、アフリカ、アジア、オーストラリアで月の3分の2ほどが隠れる部分月食が見られる。

日本では明け方、中四国地方西部より西で見られるが、食の途中で月が沈む(月没帯食)
部分食開始:5時2分/食の最大:6時31分

11月11日には水星が太陽面を通過する。100年間に約13回発生するイベントで、直近では2016年に約10年ぶりに見られた。

※日本からはまったく見えない

1 2