当時、国鉄本社の予測では、現在の経済成長が続く限り、東海道本線の輸送力は昭和39年頃には飽和状態に達するであろうと考えられていました。
 その解決策として、東海道本線の全線複々線化による解決策を模索していました。
 昭和21年当時にも戦前の弾丸列車の復活を提唱する意見もありましたが、新幹線の実現と言うのは夢のまた夢と思われていました。
 そんな折、鉄道技術研究所【現在の鉄道総研】が昭和32(1957年年)5月30日に銀座山葉ホール「東京~大阪間3時間」の構想を発表した時は大変な反響がありました。
 画像は、昭和31年交通技術に掲載された「広軌幹線の構想」に掲載された、広軌高速鉄道建設要綱(案)になります。参照 交通技術昭和31年2月号

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日本国有鉄道史 高速鉄道の可能性を求めて

昭和39年に開業した新幹線ですが、世界の4大バカと言われるほど、世論は厳しく誰も新幹線が成功するとは思っていませんでした。現在では、「Shinkansen」で通じる高速鉄道ですが、50年以上前は誰しもが半信半疑でした。

このまとめを見る