参考 昭和31年当時の運賃
「特急あさかぜ」で東京~博多まで利用した場合
2等A寝台を利用した場合
運賃   2等運賃 3100円
特急料金 2等特急料金 2400円
寝台料金 2等A室   2160円【下段 2760円】
A室【個室】
合計         7660円【下段 8260円】
3等寝台を利用した場合
運賃   3等運賃 1290円
特急料金 3等特急料金 1000円
寝台料金 3等寝台   720円【中段 840円・下段 960円】
合計         3010円【中段 3130円・下段 3250円】
当時の初乗り運賃が10円ですが、現在の物価水準に換算しますと、約20倍になりそうですので、換算してみますと、A寝台個室を利用とすると、153,200円、普通車でB寝台移動で、60,200円と言ったところでしょうか。

出典昭和31年時刻表を参考に算出

昭和33年当時の初任給が、大卒初任給 約1万3,500円です。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日本国有鉄道史 高速鉄道の可能性を求めて

昭和39年に開業した新幹線ですが、世界の4大バカと言われるほど、世論は厳しく誰も新幹線が成功するとは思っていませんでした。現在では、「Shinkansen」で通じる高速鉄道ですが、50年以上前は誰しもが半信半疑でした。

このまとめを見る