出典 blackcat_katさんがアップロード

昭和31年時刻表から

特急・急行・準急で料金が異なり、かつ等級によっても運賃が異なっていた。
基本は、三等運賃の2倍が二等、3倍が一等運賃ですが、一等・二等は20%の通行税が賦課されています。
東京~大阪の特急料金で、特急料金一等が2,160円ですので、単純に10倍と換算すると、特急料金だけで21,600円となります。

この情報が含まれているまとめはこちら

日本国有鉄道史 高速鉄道の可能性を求めて

昭和39年に開業した新幹線ですが、世界の4大バカと言われるほど、世論は厳しく誰も新幹線が成功するとは思っていませんでした。現在では、「Shinkansen」で通じる高速鉄道ですが、50年以上前は誰しもが半信半疑でした。

このまとめを見る