1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

2019年10月に迫る・・・

安倍首相は予定通り、2019年10月1日から消費税を現在の8%から10%に引き上げると発表しています。

増税で生活が脅かされるのは、税率アップと便乗値上げのダブルパンチになるからだ。

今のうちに狙っておくべきもの

増税前に買っておいた方がいいものは以下の二つです。1.値崩れしにくいもの 2.定価で売られているもの

ブランド品など、値引きをほとんどしないようなものは、増税分がそのままプラスされるため、増税前に買っておいた方がよい

定価で売られているものとはチケットや定期券など。

具体的には・・・

アミューズメントパークのチケットは値上がり傾向にあり、増税を機に更に値上がりする可能性もあると言えます。有効期限を確認して買っておくのも手です。

増税前の買いだめや駆け込み消費は、腐らないもの、劣化しないもの、定価で販売されているものを狙うのが鉄則。その意味では定期券はお得。長期のものを直前に買えば節約になります

消費税増税にあたって 年パスも上がるよね、、 お値段据え置きだなんて 優しくないよね??? 早めに引換券 買わなきゃ……

ほかには・・・

過去の例を見ると、冷蔵庫や洗濯機といった白物家電は増税後も値崩れしにくいため、増税前の買い替えが得と考えられる。

長年使うもので、値段が大きく変わらない『冷蔵庫』や『洗濯機』などの白物家電は、増税前に買う方が得だという。

テレビのようなオーディオ家電は増税後に購入したほうがいいです。新商品の発売が多いので、旧型の値段が安くなったりする場合があるので、増税後に買っても問題ない

また・・・

飲みすぎや使用期限に注意が必要だが、大型スーパーやドラッグストアでまとめ買いしておこう。

備蓄しやすく値崩れしないものならば、買いだめしておいていい。日常的に使用する市販の風邪薬や胃腸薬、スキンケア商品や歯磨き粉などは場所も取りません

酒類は軽減税率の対象外ですから、10%になる前に購入しておくのもひとつの手です。医薬部外品に分類される栄養ドリンクも軽減税率の対象外ですから、いつも飲んでいる方は買い置きリストに入れておきましょう。

逆に買わない方がいいものは

食品などの期限が短いものについては大量に買うことは避けましょう。賞味・消費期限内に使えなければ無駄になります。

逆に、慌てて買い物をすると損をする恐れがあるという。消費者が増税前に慌てて買おうとするのにつけ込んで、売り手が「バーゲン品」を売ろうとするからだ。

1 2