1. まとめトップ

【NCAA】未来のNBAスター候補、2019-20フレッシュマン #nba #NBADraft

3月から4月にかけて開催され全米の注目を集めるNCAAトーナメント。マーチ・マッドネスの主役候補、そして2020年のNBAドラ1候補のフレッシュマン(class of 2019)の進路まとめ。

更新日: 2019年10月22日

3 お気に入り 20212 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hakatanotoraさん

全米大学体育協会(ぜんべいだいがくたいいくきょうかい、略称:NCAA, National Collegiate Athletic Association の略;アメリカでは“エヌ・シー・ダブル・エー”とも呼ばれる)とは、アメリカ大学体育協会のこと。

その中でもバスケットボールはリーグ戦がテレビ中継されるなど人気が高い。

"全米大学体育協会男子バスケットボールトーナメント"

全米大学体育協会男子バスケットボールトーナメント(NCAA Men's Basketball Tournament)は、全米大学体育協会(NCAA)が主催する男子バスケットボール大会。シングル エリミネーション トーナメント( single-elimination tournament)で毎年春に行われる。

現在、出場校はNCAAディビジョンIに所属する68校で、3月から4月にかけて開催され全米の注目を集め、マーチ・マッドネス(March Madness)、ビッグ・ダンス(Big Dance)と呼ばれている。

出場校はNCAAディビジョンIに所属する68校で、シングル・エリミネーション(勝ち残り式)トーナメント方式で1回戦から5回戦(地区決勝)までは4つの地区に分かれる。各地区の優勝校4校が4月に行われるファイナルフォー(準決勝・優勝決定戦)でトーナメント方式により優勝校を決める。

全体的には小粒な学年

全体的には小粒な学年

元々この学年で上位だったR.J・バレット、チャールズ・バッシ―が学年変更し、同じく下級生時は上位にランクされたラメロ・ボールが諸事情でカレッジに進まないこともあり、この学年は昨年よりも更に小粒な印象。
そんでもってキャラも昨年に比べると薄めかなと。

以下、将来のNBAドラフト上位指名候補、"class of 2019" の進路まとめ

No.1: ジェームス・ワイズマン(イースト高校→メンフィス大学)

名  前:ジェームス・ワイズマン
国  籍:アメリカ合衆国
生年月日:2001年3月31日(18歳)
身  長:213cm
体  重:104kg
ポ ジ ション:C
カレッジ:メンフィス大学
高  校:イースト高校

【2017年】
MaxPreps Sophomore All-American honorable mention.
Tennessee Secondary School Athletic Association (TSSAA) Division 1-AA Mr. Basketball finalist.
Tennessee Sports Writers Association All-State.
Tennessean All-MidState second team.
TSSAA Division 2-AA All Region Team,
MVP of the 2017 Underclassman All-American Game.

【2019】
Morgan Wootten National Player of the Year
Gatorade National Player of the Year
McDonald's All-American
Jordan Brand Classic
Jordan Brand Classic Co - MVP
Nike Hoop Summit
Tennessee Mr. Basketball

The #1 Ranked Prospect James Wiseman has committed to Memphis! @BigTicket_JW pic.twitter.com/sPjF7CrQ6M

class of 2019の中で学年NO1選手の評価を受けるビッグマンのジェームス・ワイズマン。恵まれたサイズとウイングスパンに加え、柔らかいシューティングタッチを備え、将来性が高く評価されている選手です。

彼の最終進学先として候補に挙がっていたのは、カンザス大、メンフィス大、ケンタッキー大、フロリダ州立大、ヴァンダービルト大の5校。

その中からワイズマンが選んだのは、昨季の高校のコーチでもあるペニーがHCに就任したメンフィス大。

7フィートの身長に加え、228.6cmのウイングスパンを持ち、スタンディングリーチも283.2cm

7フィートの身長に加え、228.6cmのウイングスパンを持ち、スタンディングリーチも283.2cmとNBAでもCを務めるのに十分なサイズを持つワイズマン。

恵まれた身体に加え、高い機動力と柔らかいシューティングタッチを持ち、地味目な選手の多いclass of 2019の中では非常に注目度の高い選手であり、2020年のNBAドラフトでの1位指名有力候補と見られています。

昨季の高校のコーチでもあるペニーがHCに就任したメンフィス大。

ワイズマンはペニーの秘蔵っ子として、AAU、高校、大学でペニーの指導を受けることとなりました。

Gatorade選出の高校最優秀選手に輝いたワイズマン

Gatorade選出の高校最優秀選手に輝いたワイズマン。
AAU、高校と現在はメンフィス大のHCを務めるペニーことアンフェニー・ハーダウェイに師事を受け、進学先もペニーのいるメンフィス大。

サイズ、ウイングスパン、機動力、柔らかなシュートタッチと現代的なビッグマンに求められる全ての素養を高いレベルで備えますが、まだまだ素材型の選手。
マクドナルドオールアメリカンでもフィジカルなビッグマン相手に苦戦する様子が目につきました。

恵まれた身体とそれに似つかわしくない機動力の高さ、柔らかいシューティングタッチを備え、NBAでもスターになる素質は十分

今年の高校NO1であるジェームス・ワイズマン。
AAU、高校、進学先のメンフィス大と"ペニー"ことアンフェニー・ハーダウェイの指導を受けるペニーの秘蔵っ子。

恵まれた身体とそれに似つかわしくない機動力の高さ、柔らかいシューティングタッチを備え、NBAでもスターになる素質は十分。
一方で試合毎のムラが大きく、フィジカルコンタクトの強い選手を苦手としています。

No.2:コール・アンソニー(オークヒル・アカデミー→ノースカロライナ大学)

名  前:コール・ヒントン・アンソニー
国  籍:アメリカ合衆国
生年月日:2000年5月15日(18歳)
身  長:190cm
体  重:84kg
ポ ジ ション:PG
カレッジ:ノースカロライナ大学
高  校:アーチビショップ・モロイ・ハイ・スクール・ニューヨーク
     オークヒル・アカデミー

【2017年】
EYBL Defensive Player of the Year.

【2018年】
USA Today All-New York second team.
New York State Sportswriters Association Class AA All-State first team.
FIBA Americas U18 Championship Canada:優勝

【2019年】
McDonald's All-American Game MVP
McDonald's All-American
Jordan Brand Classic Co-MVP
Jordan Brand Classic
Nike Hoop Summit MVP
Nike Hoop Summit

IT'S GONNA BE A COLE SUMMER NYC high school sensation Cole Anthony covers the next issue of SLAM: slam.ly/cole-cover pic.twitter.com/Ctt9KpbA5b

class of 2019でPGとして最も高い評価を受けるコール・アンソニー。ニューヨーク在住で「ステファン・マーブリー以来最高のPG」とも言われる。

先日のEYBLピーチジャムでもPSA CARDINALSに所属し、チームの決勝進出に貢献。決勝でもチーム2位の16得点3アシストを記録。

「ステファン・マーブリー以来最高のPG」

class of 2019でPGとして最も高い評価を受けるコール・アンソニー。

ニューヨークに在住で「ステファン・マーブリー以来最高のPG」とも言われる。先日のEYBLピーチジャムでもPSA CARDINALSに所属し、チームの決勝進出に貢献。決勝でもチーム2位の16得点3アシストを記録。

今秋から10年生とまだまだ高校生活も長く、これからの成長が楽しみな選手の1人。実父は元NBA選手で現在はCBSでアナリストを務めるグレッグ・アンソニー。

アンソニーは元NBAプレーヤーで、現在はTVでNBAのアナリスト等を務めるグレッグ・アンソニーの息子。

MVPを受賞したのはコール・アンソニー。

学年NO1ガードの評価の通り、14得点7アシスト5リバウンド2スティールとオールラウンドに活躍。

コール・アンソニー マクドナルドオールアメリカン、ナイキフープサミット、ジョーダンブランドクラシック いわゆるエリート高校生によるオールスター全てでMVPを獲得した史上初の選手 pic.twitter.com/EK68v85I6q

今年の主要高校オールスターゲーム3試合全てでMVPを受賞したコール・アンソニー

今年の主要高校オールスターゲーム3試合全てでMVPを受賞したコール・アンソニー。
元NBA選手のグレッグ・アンソニーを持つサラブレットで、高校最後の1年は超強豪Oak Hill Academyでプレーし、カレッジバスケの名門UNC入学と正に王道を行く選手です。

ヌルヌルしたドライブとどこからでも安定して点の取れる高いオフェンススキル、助走有の垂直跳びで109cmを超える跳躍力が有り、近年の高校バスケ界のPGでは最も完成度の高い選手でしょう。 強いて懸念事項を上げれば、サイズ不足と組織力の高いカレッジのゲームでどれだけのゲームコントロールを見せられるかという点ぐらいでしょうか。

高校NO1ガードの評価を受けたOak Hill Academyのアンソニー

高校NO1ガードの評価を受けたOak Hill Academyのアンソニー。
父は元NBA選手でテレビで解説等を務めるグレッグ・アンソニー。
先日のマクドナルドオールアメリカンでも支配的なプレーを見せ、MVPを獲得しています。

裸足身長は185cm程度と少し小ぶりな選手ではありますが、助走有の垂直跳びが109cmと身体能力の非常に高い選手。
ハンドリング、パスセンス、アウトサイドシュートの全てに優れ、フィジカルコンタクトにも強くこれといった弱点は見当たりません。

No.3:ヴァーノン・キャリーJr.(NSUユニバーシティ・スクール→デューク大学)

1 2 3 4 5 6