1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

tamakodayoさん

ナイスお胸の高橋真麻さんですが、プロポーションはとても良いです。日頃から良く食べるという真麻さんが太らない秘訣とは?

新春しゃべくり007より

高橋秀樹「生まれたころから見た目が面白くてね。髪があまり生えなくて」
上田晋也「禿散らかしてたんですね」
高橋英樹「そうそう。それで良く食べる食べる。中学生の頃は身長163cmで体重75kgもありましたから。オニオングラタンスープが好きで毎日食べてました」
高橋真麻「それと食パンヨーグルト目玉焼き果物のセットね」

高橋秀樹「今でも食べるのが好きでね。肉なんか1kg近く食べる」
高橋真麻「900gくらいいっちゃいますね」
上田晋也「だいたいどれくらい食べるの?お寿司なら何貫くらい?」
高橋真麻「何貫かはわかりませんけど、1.5人前くらい食べて、二次会中華みたいな」
上田晋也「そんだけ食べて、どうやって体型をキープしてるの?」
高橋真麻「翌日の朝食べないみたいな」
上田晋也「それじゃ、差し引きゼロになっていないよ」

乳幼児期や思春期に食べ過ぎると、痩せにくい体になる

脂肪細胞には「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」の2種類があります。

「白色脂肪細胞」は、乳幼児期や思春期などに顕著に増え、脂肪をため込み、エネルギーが過剰になると肥大化していくものです。食べ過ぎて太るのは、白色脂肪細胞が膨らむからです。高橋真麻さんはこの時期に多くの食べ物を摂取しているので、体質的には太りやすい体になります。

一方「褐色脂肪細胞」は、脂肪を燃焼させる細胞です。赤ちゃんの頃に多く存在しますが、加齢により徐々に減少し、特に40歳以降は顕著に減少していくことで、中年太りに繋がります。成人でも胸部や肩甲骨のあたりに存在することが確認されています。

そんな高橋真麻さんなので、やはりダイエットには苦戦していた

イケメン社長とフレンチデートでおなか一杯食べていたころの真麻さん

置き換えダイエット

そんな高橋真麻さんが選んだ有名なダイエットの1つが、置き換えダイエットです。

これは1日3食のうちの1~2食をダイエット食品(真麻さんの場合ダイエットドリンク)に置き換えるダイエット法です。ダイエット食品は通常の食事より低カロリーに作られているので、1食でも置き換えれば1日の総摂取量カロリーがグンと減りダイエットにつながるというもの。

このダイエット方法で注意しないといけないのは栄養の偏りです。しっかりとバランスの良い栄養を採るようにしないと、便秘や肌荒れ、健康被害を引き起こしてしまう可能性もあります。

肉ダイエット

糖質は制限する代わりに、肉ならどれだけ食べてもOKとするものです。

本来は赤身の肉を中心にして、脂身は控えるなどを徹底しないといけないのですが、真麻さんの場合は仕事が終わった後や休日に、平気で一人焼き肉屋に行っていたそうなので、意味はなかったかもしれません。

寝る前に食べない

以前は深夜のラーメンや焼き肉が止められなかったそうですが、あまりの増量ぶりに夜食禁止令が出て、以来寝る前に食べないようにしているそうです。

実際、就寝前2時間は食べないようにするのがダイエットの秘訣です。

辛いものを食べる

仕事終了後の真麻さんを追跡する番組がありましたが、麻婆豆腐を数軒はしごしていました。カプサイシンでダイエット効果を狙っていたようです。

ウチのガヤがすみません!高橋英樹さんの知らない、娘・高橋真麻のマル秘プライベート。

仕事終わりに赤坂アークヒルズの「中国名菜 陳麻婆豆腐」にて、ビールと麻婆豆腐を味わった高橋真麻さん。
尾行続行すると、続いて向かったのはタクシーで15分の五反田駅周辺。そこで一軒の店の前で立ち止まり、お店の中に向かって手を振り入店。

そのお店は、JR山手線・五反田駅東口より徒歩1分ほどの場所にある「陳麻家」。

ピラティスダイエット

普段なかなか使われない体の深部の筋肉であるインナーマッスルを鍛える、ヨガ体操のようなものです。

最近、ピラティスを再開しました。

インナーマッスルを鍛えるピラティスは、運動が苦手な私にもぴったり。
指導して頂いている小俣先生には
プライベートの悩みも全て聞いて貰って、心身共にケアして頂いています

一人では難しい体操ですが、先生が付いてやってるのですね。

強力コルセット

通販で購入した超強力なコルセットを短時間付け、外した時に凹んだおなかを見て満足していたようです。イメトレ的な要素が強かったようです。

1 2