1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

檀ふみから松下由樹まで!冬ドラマも「母親役」女優に注目

近年ドラマの中で注目を浴びることが少なくない「母親役」。2019年冬ドラマにも注目の「母親役」が多数。檀ふみ『初めて恋をした日に読む話』、松下由樹『トクサツガガガ』、大竹しのぶ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』、高林由紀子『グッドワイフ』。

更新日: 2019年01月20日

2 お気に入り 3375 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆近年注目を浴びることが少なくない「母親役」

『義母と娘のブルース』(2018年7月期)

義母(綾瀬はるか)と娘(上白石萌歌)

今まで数々の女優が演じてきましたが、中には母親のイメージがないだけに、母親役を演じたことで世間を驚かせた人も。

近年の朝ドラは『あまちゃん』(13年)の小泉今日子をはじめとして、母親役の女優が注目を浴びる傾向が続いているのです。

◆秋ドラマでも話題となった「母親役」が多数

すてき…… さすが元バレリーナ! 草刈民代、ドラマ「大恋愛」で披露したウエディングドレス姿が凛とした美しさ nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/18… pic.twitter.com/rNUBESVDH2

草刈民代さんが12月7日、出演中のドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)で披露したウエディングドレス姿をInstagramで公開。ファンからは、美しさにうっとりとしたコメントが相次いでいます。

18年秋クール最大のダークホースとなった『今日から俺は!!』で、主人公・三橋貴志(賀来賢人)の母親役を演じた瀬奈じゅん。元宝塚月組トップスターの瀬奈じゅんがあれだけファンキーな“母ちゃん”を演じたことに度肝を抜かれた人も多いのではないか。

90年代にTBSでヒットした野島伸司脚本の『高校教師』や遊川和彦脚本の『魔女の条件』を連想したが、『中学聖日記』は、むしろ必死に社会の側にとどまらせようとする少年の母親・黒岩愛子(夏川結衣)の立場から物語を描いているように見えた。

◆冬ドラマにも注目しておきたい「母親役」が登場

▼『初めて恋をした日に読む話』(火曜夜10時、TBS)

何もかもがうまくいかない残念なしくじり鈍感アラサー女子・春見順子(深田恭子)の前に、タイプの違う3人の男性が現れる。そこから、人生のリベンジともいえる闘いがスタートするラブコメディー。

順子を深田が演じ、クールなエリートで順子の従兄弟・八雲雅志に永山絢斗、髪をピンクに染めた不良高校生・由利匡平に横浜流星。

・『陸王』で良妻を演じた檀ふみが、主人公の鬼母役

順子が東大受験に失敗してから険悪な仲になってしまった鬼母・春見しのぶ役には檀ふみが決定。昨年10月期に放送した日曜劇場「陸王」(TBS系)では家族を優しく支える良妻を好演し反響を呼んだ檀が、まったく違う母親像に挑む。

[檀ふみ]
『昭和残侠伝 破れ傘』(72年)で映画デビューを果し、『ふれあい』(75年)、『青春の蹉跌』(74年)などに出演。『わが愛の譜・滝廉太郎物語』(94年)で第17回日本アカデミー賞助演女優賞に輝いた。

父は『火宅の人』の無頼派作家・檀一雄。女優業と並行して文筆業でも活躍し、阿川佐和子との共著『ああ言えばこう食う』で第15回講談社エッセイ賞を受賞している。

▼『トクサツガガガ』 (金曜夜10時、NHK)

小芝風花が連ドラ初主演で、特撮をこよなく愛する“隠れオタク”な商社勤めのOL・仲村叶に扮(ふん)する。

周囲にオタクだとバレることを怖れ、コソコソとオタク生活を楽しむ彼女の日常がコミカルに描かれていく。

・特撮嫌いな主人公の母親役に松下由樹

1 2