1. まとめトップ

アレクサンダー・ハミルトンが建てた家、“The Grange”とはどんなところ?

ミュージカル『ハミルトン(Hamilton)』より“Helpless”の英語歌詞を見てみると、ハミルトンがハーレムに家を建てようと歌っていることが分かります。その家とは後の“The Grange”と呼ばれる建物です。その家についてまとめました。

更新日: 2019年01月06日

0 お気に入り 446 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ミュージカル『ハミルトン』は、実在した人物アレクサンダー・ハミルトンを描いた作品です。

『ハミルトン(Hamilton)』の“Helpless”では、ハミルトンとエリザベスの結婚までの経緯が描かれています。

その曲の最後の方のフレーズで、ハミルトンがエリザベスに幸せを誓うこのような歌詞があります。

We’ll get a little place in Harlem
―ブロードウェイミュージカル “Hamilton” より “Helpless”(作詞:Lin-Manuel Miranda)

これはハミルトンが「将来的にハーレムに家を建てよう」と歌っている内容ですが、後に建設されるその家こそが“The Grange”です。

Hamilton Grange National Memorial, also known as The Grange or the Hamilton Grange Mansion, is a National Park Service site in St. Nicholas Park, Manhattan, New York City, that preserves the relocated home of U.S. Founding Father Alexander Hamilton.

The Grangeもしくはthe Hamilton Grange Mansionとして知られているHamilton Grange National Memorialは、ニューヨークシティのセイント・ニコラス・パークにあるアメリカ合衆国国立公園局で、アメリカ建国の父アレクサンダー・ハミルトンの家を移転させたものである。

When Alexander Hamilton lived in Harlem, it was a quiet, rural neighborhood.

アレクサンダー・ハミルトンがハーレムに住んでいた時は、静かな田舎町でした。

As settlement in New York continued to expand from the southern tip of Manhattan Island to the north, roads had to be extended to accommodate the population growth. In 1889, a real estate developer saved The Grange from being destroyed to make way for 143rd Street.

人口の増加に伴ってニューヨークがマンハッタン島の南から北へ向けて道路を延長し続ける必要がありました。1889年、宅地開発業者が143道路の工事によって“The Grange”が解体されるのを防ぐために建物を移しました。

移した先は142道路で、その後、2008年に141道路に“The Grange”移動されていますよ。

移動の様子はこちらの動画をご覧くださいね。

1