1. まとめトップ
  2. 雑学

これホントに悩み…献立作りの「面倒くさい」はこうすれば解消する

「今日は何を食べよう」「何を作ろう」はコレで解決!

更新日: 2019年01月04日

109 お気に入り 76904 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼毎日の悩み「今日の夕飯は何にしよう…」

忙しい日々の中、疲れがたまったり、落ち込んだりすると、「もう今日は、夕飯のことなんて考えられない」という日もあります。

□これならもう大丈夫!夕飯の献立悩みを解消しよう!

・献立を考える「時間を先に作る」

おおざっぱにカテゴライズしてしまい、それを繰り返し作っていく。大枠を決めてしまうことで、献立がぐっと立てやすくなります。

食材の名前でレシピ検索もできるので、副菜系は引き出しに眠っている乾物や、野菜の残りでプラス1~2品に挑戦してみましょう。

さて、また1週間分の献立を考える日がやってまいりました。 献立組み立てるのはけっこう好き栄養の専門的な知識はまったくないんだけどねー! 冷蔵庫の残りと、安く買えそうな食材とか食べたい物とか、レシピと、なんとなくのバランスとって考えながら組むのが楽しい。

・「1週間分考えてから買い出し」に行く。

上手にまとめ買いできるようになると、食費の節約につながります

ちなみに献立は会議によって1週間分決めてホワイトボードに書く。献立は基本的に1週間の予定と相談・夫の食べたい(作れる)物を優先する。買出しの日に出来るだけ食材を買っておくので、大抵夫は最悪レシピを見れば作れる様になっている。

昨日、レシピ本を買った。 だいたい1週間分のメニューを決めて、今日は買い物に行こうと思う。 楽になるかなー。 pic.twitter.com/gPf4duxUqk

・あらかじめ「メイン食材」だけを決めておく。

メイン食材だけを決めてしまうこと。夕食片付けが終わった時や寝る前などトレイの上にメイン食材になりそうな肉や魚をのせて冷蔵庫に入れておきます。これならあとは「どう料理するか」を決めるだけ

メインの食材が決まったら、ついでに自分の中でそれぞれの食材のレパートリーを考えておくと楽になります。食材の調理法は主に5種類で、「生、煮る、焼く、揚げる、蒸す」です。

これは個人的な意見ですが、フライヤーがあると揚げ物はラクです。さらにカツや天ぷらなどのウエットな衣でないのは突っ込むだけだから更にラク。冷食なら超絶ラク。10分足らずでメインが出来上がります。 ほんとはノンオイルのフライヤー欲しいんだよねー

・「常備菜」を活用しよう。

1 2