1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ja8085さん

関東の大学対抗で競う「箱根駅伝」は復路のレースが行われ、2日の往路で2位だった東海大が逆転で初めての総合優勝

8区で区間記録を更新する走りで東洋大を逆転した小松陽平選手は、15キロ付近で仕掛けて抜け出した場面について「9区と10区の選手に楽に走ってもらいたいと思い、自分で勝負を決めようと前に出た」と話し

11年前、東海大は蒲田の踏切でのアクシデントで途中棄権

京浜急行が羽田線の高架化工事に着手しても、最後まで残り続けた「京急蒲田踏切」が高架完成により、今年(2012年)中に廃止

東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の復路が開催される毎年1月3日は、出場選手の通過のために踏切の遮断時間を短縮するダイヤ変更も行われていた

2012年10月20日に立体交差化事業が完成したことによって蒲田第一踏切は廃止となり第89回(2013年)以降は当該ポイントでの踏切通過はなくなった

第84回(2008年)では東海大学の選手が踏切内の線路につまづいて足を痛め、その後20km過ぎで棄権に至るというアクシデントが発生した

蒲田の京急空港線踏切の線路に足を取られて故障していた東海大学の荒川丈弘が途中棄権

東海大の奇跡 80回 当時過去最高総合2位 81回 1区丸山 2区伊達の逃げ切りオーダーで往路初優勝 82回 3区 佐藤悠基 区間新 83回 1区 佐藤悠基 空前絶後の区間新 84回 7区 佐藤悠基 区間新 10区蒲田の踏切で捻挫 まさかの棄権 #東海大優勝 #箱根駅伝 #GOTOKAI pic.twitter.com/ay1D6aRqXJ

東海おめでとう! 84回大会、伊達と佐藤悠基が揃ってて優勝候補だった年の記憶が鮮明に甦る。まだ高架じゃなかった蒲田の踏切の溝に足を取られた10区荒川。ゴールで彼を待ってた仲間達が「東海大棄権」のアナウンスに言葉に膝を落とす姿。あの襷が11年を経てトップで大手町に帰って来た、良かったね!

東海大といえば10区で今無き京急蒲田駅の踏切で躓いて大ブレーキになったの思い出すわ

東海大といえば蒲田の踏切で足を取られ転倒、棄権ってのが10年前くらいにあった。今やその踏切もない

11年前、10位だった東海大の10区が蒲田の踏切で足くじいて、シードのがしたのを思い出してる。

東海大初優勝おめでとうございますー! 家族の中にOBがいるので毎年応援していたのですが、ついに!! ほかの大学OBもいますが、なぜかずっと東海大の応援でした…笑 蒲田の踏切近くでのリタイアなど、色々ありましたが、ようやっと実を結んだので、私事のように嬉しいです✨

もう何年前だか、とうかいだいの蒲田踏切での負傷による10区棄権というのが忘れられないから今回の総合優勝にはそわそわしてしまう……

1 2