1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

寒さは一時的?1月は「暖冬傾向」が顕著になるみたい

昨年末から寒い日が続いていますが、やっぱり暖冬となりそうです。

更新日: 2019年01月03日

16 お気に入り 104949 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■厳しい寒さが続いていた日本列島

昨年末は今シーズン最強クラスの寒波が到来し、日本付近は強い冬型の気圧配置に。

九州や四国、近畿の各地で初雪を観測し、名古屋でも積雪を観測するなど、全国的に厳しい寒さに見舞われた。

暖冬って言葉が死語になるくらい今年の冬もくっそ寒い スポーツ用のタイツでも買って来ようかな、ヒートテックのやつ

■気象庁は最新の1か月予報を発表

1月は「暖冬傾向」が顕著になりそう

東日本、西日本では暖かい空気に覆われやすく、向こう1か月は暖冬を感じられるような気候になりそう。

■詳細

1月中旬頃から東日本以西で気温が上昇

1月上旬は一時的な寒気の流入があるものの、中旬以降は大陸からの暖かな空気に覆われるため、東日本以西では気温が上昇。

特に九州や四国、奄美・沖縄地方では10日頃からの約1週間、平均気温が例年よりも2〜3℃ほど高くなる予想。

気象庁は「高温に関する異常天候早期警戒情報」を発表しており、農作物の管理等に注意が必要。

降水量

北日本は平年並みで、東日本の日本海側は平年並みか少なく、東・西日本の太平洋側と沖縄・奄美は平年並みか多くなる。

降雪量

北日本の日本海側ではほぼ平年並で、北陸や山陰などでは寒気の影響を受けにくいため、少なくなる見込み。

日照時間

全国的にほぼ平年並みで、東・西日本の日本海側で平年並みか多くなる。

【1月半ばから季節外れの暖かさ?】気象庁発表の最新の1か月予報によると、向こう1か月は東〜西日本で暖かい空気に覆われやすく、暖冬を感じられる気候になりそうです。 特に九州や沖縄など西日本では高温傾向で「高温に関する異常天候早期警戒情報」も発表されています。 weathernews.jp/s/topics/20190… pic.twitter.com/YvbyhavPya

なんか、大した寒気暫くなさそうだな。 今年は暖冬か。 最悪、、、、 スキー行くの1月後半くらいかな。

1 2