1. まとめトップ

ブギーポップは笑わない/聖地・元ネタ集

ブギーポップシリーズをもっと楽しみたい人は必見の予備知識を紹介

更新日: 2019年01月04日

2 お気に入り 4649 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

4gamer.netさん

『ブギーポップは笑わない』とは

現代ライトノベルの方向性を定めた作品の一つであり、セカイ系の源流の一つとなった小説。後進に与えた影響は大きく、西尾維新、時雨沢恵一、奈須きのこなどが上遠野の影響を受けた作家としてあげられる。
この作品のヒットともに、それまで異世界ファンタジーが主流であったライトノベルは
エブリデイ・マジック・異能バトルものを中心に変化・発展していくこととなる。
また西尾や奈須を中心に伝奇としてのライトノベルを確立する契機にもなった。
これらの意味では先述の通りこれら諸ジャンルの元になった作品と呼ぶこともできよう。

『ブギーポップは笑わない』とは1作目のタイトルだが、そこから始まるシリーズ全体を指す場合もある。シリーズは現在(2013年9月)、18巻まで刊行されている。上遠野浩平作品は一般に作品間で世界設定につながりを持っているが、特に『ビートのディシプリン』シリーズと『ヴァルプルギスの後悔』シリーズはほぼ完全に登場人物が共通する。2000年にテレビアニメ化と実写映画化が同時に行われた。主題歌は共通して、スガシカオの「夕立ち」である。

■アニメ『ブギーポップは笑わない』公式HP

2019年1月4日から18年ぶりのアニメ化!
ちなみに18年前は2001年1月から3月までテレビ東京系列全6局および赤坂のお友達約2局で放送。全12話。制作はマッドハウス。

■舞台・聖地

PV映像わかったアニメ版ブギーポップは笑わないの舞台・聖地。

四ツ谷駅 代々木 代々木八幡駅

■渋谷 新宿警察署裏交差点

■新宿警察署裏交差点 後楽園 四ツ谷駅

■原作者の上遠野浩平は自称小説家一の荒木飛呂彦ファン

ブギーポップシリーズに登場する人物や能力名を洋楽の曲名やグループ名にしているのもジョジョをリスペクトしてのことだろう。

デビュー前は会社員やりながらモデラーも趣味にしてたり。漫画家である荒木飛呂彦の作品(特に『ジョジョの奇妙な冒険』)のファンで、洋楽鑑賞の趣味なども影響を受けている。
余談だが西尾維新が荒木飛呂彦との対談の際、小説家での世界一の荒木飛呂彦ファンとして上遠野の名前を挙げていた。2011年には『ジョジョ』のノベライズを西尾と共に手がけている。

■人物名、能力名の元ネタ

ブギーポップの登場人物のコードネームや能力名はジョジョの奇妙な冒険と同様
実在する洋楽のグループ名や曲名が由来になっている。
これらの元ネタをまとめている動画があるので紹介しておきます。

1