1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「中国がアメリカ人拘束の恐れ」米政府の異例勧告に戸惑いの声

アメリカが突如出した中国への渡航勧告に対してネットからは戸惑いの声が出ているようです。

更新日: 2019年01月04日

9 お気に入り 27557 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■ファーウェイ副会長拘束で始まった、カナダを巻き込んだ米中摩擦

カナダ司法省は5日、中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)創業者の娘で同社最高財務責任者(CFO)兼副会長の孟晩舟氏をカナダ西部ヴァンクーヴァーで逮捕したと発表

中国政府外交部(中国外務省)の耿爽報道官は6日午後の定例記者会見で「ただちに釈放」することなどを要求した。

孟晩舟容疑者(46)は、日本時間のきのう12日(2018年12月)に保釈された。

警備会社による24時間の監視、夜11時から翌朝6時までは外出禁止、GPS付きの電子タグを常に足首に装着するなどの条件があるといいます。

■この事件をきっかけに中国国内でカナダ人が次々と拘束された

カナダが中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)副会長を拘束した昨年12月1日以降、中国で拘束されたカナダ人が13人に上っている

政府は孟氏の逮捕と明白な関連性はないとしているが、北京の西側外交筋やカナダの元外交官は中国による報復との見方を示している。

カナダ政府は、孟氏の拘束は政治的なものではなく、米国との犯罪人引き渡し条約に基づく司法手続きの一環だと繰り返し主張している

■拘束された13人のうち8人はすでに釈放されているという

中国で拘束されたカナダ人が13人に上っていると明らかにした。うち少なくとも8人はすでに釈放された

カナダ外務省は28日、不法就労の疑いで中国当局に拘束されていたカナダ人教員が釈放され、帰国したと発表した。

中国司法省の幹部は4日の記者会見で事実関係の確認を避けた上で「中国は法治国家だ。(拘束しても)人々の法的権利は保障している」と述べた。

■このような報復的な拘束に疑問の声も

国際的に許される行為なのでしょうか?

アメリカ側の拘束理由も明らかにすべきという問題もありますが…。

戦争前夜かよ 中国でカナダ人13人拘束、華為CFO逮捕以降に 8人は釈放 (ロイター) - LINEアカウントメディア news.line.me/issue/oa-reute… #linenews @news_line_meさんから

中国 華為CFO逮捕後13人拘束 | 2019/1/4(金) - Yahoo!ニュース news.yahoo.co.jp/pickup/6309007 @YahooNewsTopics 中国には人権も自由もなく、カナダ人拘束はまるでジェノシド。アウシュビッツを思い出す。中国は危険な国。

中国 華為CFO逮捕後13人拘束 こういう事平気で出来る国が世界平和を真顔で唱え、それをマスコミ新聞が擁護する。マンガじゃないが、悪の中枢ですな。 news.yahoo.co.jp/pickup/6309007

中国でカナダ人13人拘束、華為CFO逮捕以降に 8人は釈放(ロイター)headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190104-… 北京の西側外交筋やカナダの元外交官は中国による報復との見方を示している。 改めて中国の仮面の下の素顔が見えた。

個人的に 中国へ人を行かせるのは 国として止めた方がいいんじゃないか?と思うぐらいのことを中国はしてるよね 気に入らないことしたらスパイ容疑で逮捕されるもの(>_<) 中国 華為CFO逮捕後13人拘束 2019年1月4日 news.yahoo.co.jp/pickup/6309007

■この中国のなりふり構わぬやり方に、アメリカが「渡航注意」を出した

アメリカ国務省は、中国が法律を恣意的(しいてき)に使ってアメリカ人を拘束するおそれがあるなどとして、中国に渡航する人に注意を呼びかけています。

アメリカ国民が中国から出国しようとした際に、出国禁止措置が行われていることが相次いで判明したことによるもの。

米中の二重国籍保有者や中国系米国人が「追加的な監視・調査や嫌がらせの対象になる恐れがある」と強調した。

■中国当局による外国人の拘束が続いていることが要因との見方がされている

アメリカ国務省の当局者は、今回の措置について「毎年行う定期的な見直しだ」としていますが、中国当局による外国人の拘束が続いていることも念頭にある

1 2