1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『ストロベリーナイト』だけじゃない!脚本家「黒岩勉」ドラマまとめ

2019年1月期冬ドラマ『メゾン・ド・ポリス』の脚本を担当する「黒岩勉」ドラマまとめ。『LIAR GAME Season 2』、『謎解きはディナーのあとで』、『ストロベリーナイト』、『ようこそ、わが家へ』、『サムライせんせい』、『僕のヤバイ妻』、『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』。

更新日: 2019年02月10日

2 お気に入り 3193 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『LIAR GAME Season 2』(2009)

原作:甲斐谷忍
脚本:黒岩勉
出演:戸田恵梨香、松田翔太、鈴木浩介、菊地凛子、吉瀬美智子、渡辺いっけい

戸田恵梨香と松田翔太主演によるTVドラマの第2シーズン。最後のライアーゲームから2年、直の下に再び現金1億5,000万円が届く。一方、秋山は事務局員のエリーにゲームへの参加を促される。

最近ライアーゲーム見てるんだけど めちゃくちゃ面白い。今はシーズン2見てるんだけど、面白過ぎて気になって寝れない()

ライアーゲームシーズン2 見直した‼ やっぱりライアーゲーム面白いね✨ 後戸田恵梨香も良いね(*^^*)

◆『謎解きはディナーのあとで』(2011)

原作:東川篤哉
脚本:黒岩勉
出演:櫻井翔、北川景子、椎名桔平

嵐の櫻井翔と北川景子主演、180万部を突破したベストセラーをドラマ化したミステリー。有名企業グループのひとり娘・麗子は正体を隠し国立署の刑事として勤務していたが、難解な事件がある度に執事の影山に助言を求め…。

たまーに再放送である謎解きはディナーのあとで見直したら面白いよなぁ

謎解きはディナーのあとで 久々見たけど面白い

『謎解きはディナーのあとで』の時も原作にはないドラマオリジナルの伏線や推理を毎回入れてきて、そのセンスの良さに感心されられたんだよなあ、黒岩勉脚色。「殺しの際は帽子をお忘れなく」の回は傑作だった。

◆『ストロベリーナイト』(2012)

原作:誉田哲也
脚本:龍居由佳里、林誠人、黒岩勉、旺季志ずか
出演:竹内結子、西島秀俊、遠藤憲一、渡辺いっけい、高嶋政宏、生瀬勝久、津川雅彦、武田鉄矢

竹内結子が初刑事役で主演を務める、誉田哲也の同名小説が原作のサスペンスドラマ。警視庁捜査一課に所属する敏腕刑事・玲子と彼女が率いる、通称“姫川班”の個性豊かなメンバーたちが難事件に挑む。

放送中の竹内結子主演『ストロベリーナイト』がとても面白いです。夜9時台ながら内容は猟奇性が高く演技陣は渋め、『キサラギ』の佐藤祐市の演出も抑え目で堅調。近年では『SPEC』『新参者!』に続く傑作ミステリだと思います。

明日8/27(月)15:50からのフジテレビ『謎解きはディナーのあとで』再放送は本放送時に感嘆した第7話「殺しの際は帽子をお忘れなく」。これと『ストロベリーナイト』の「右では殴らない」が自分にとって黒岩勉氏の神脚色トップ2なのです。 twitter.com/y_m_sunadokei/…

◆『ようこそ、わが家へ』(2015)

原作:池井戸潤
脚本:黒岩勉
出演:相葉雅紀、沢尻エリカ、有村架純、眞島秀和、堀内敬子、南果歩、寺尾聰、市川猿之助

池井戸潤の同名人気小説を相葉雅紀主演でTVドラマ化したサスペンス。倉田健太は小心で臆病な性格。ある日、駅で割り込み男を注意した健太は、乗り継いだバスでその男が一緒だと気付く。恐怖心が膨らんだ健太は男を撒くが…。

ようこそ、わが家へ 見直してるんだけど やっぱり黒岩勉さんの脚本のドラマってスリリングで面白いね 僕のヤバい妻もそうだし 貴族探偵もすごい楽しみ

ようこそ、わが家へ めっちゃ面白いんだけど、怖いよ。。。。 人の心の闇を垣間見せられる。

ようこそ、わが家へ。 最高傑作だ。 この春一番面白い。 ハラハラ、ドキドキ、の連続。 #ようこそわが家へ

◆『サムライせんせい』(2015)

原作:黒江S介
脚本:黒岩勉
出演:錦戸亮、神木隆之介、比嘉愛未、藤井流星、黒島結菜、石田ニコル、梶原善、森本レオ

錦戸亮主演によるサムライタイムスリップ・コメディ。時は幕末。切腹を命じられ、妻を残してこの世から旅立った武市半平太は幕末から現代にタイムスリップしてしまう。現代日本の文明や思想に戸惑いながらも、半平太は信念を貫き…。

「サムライせんせい」続編が見たいな〜。錦戸×神木コンビ最高だった。 ホントにあれで終わりじゃもったいない pic.twitter.com/rGwW4DmT2D

「サムライせんせい」、面白かったです!黒岩勉さんの脚本は、温度が丁度よくて好きだな~(^^) 配役も絶妙でした。神木くんは殺陣が上手すぎ!さすが宗次郎。

これはS介先生のサムライせんせいを下敷きに脚本の黒岩勉さんや片山修さんを筆頭とする監督やスタッフ方が独自の面白さを加えたって私は思ってるので、原作とドラマは別枠なのです。ラス前すごく熱かったです。

1 2