1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

即興ソングで話題。自由奔放なキャラクター、作詞・作曲・編曲・トラックメイクを1人で手掛ける独創的な楽曲が相まって、熱量の高いファンが急増中。

milet(ミレイ)。ハスキーかつ重厚感のある歌声とグローバルな存在感を放つソングライティングが特色。カナダで過ごした後、東京都内に在住。

今年大注目のピアノ弾き語りシンガーソングライター。

業界大注目の15歳アーティスト。トイズファクトリーからメジャーデビュー。

​HIPHOPやJAZZの要素が入った独特のスタイルで、小柄な体からは想像できないパワフルな歌声。

紅白に出場し、今最も注目を集めるシンガーソングライター。

フィリピン出身。ハイトーンボイスを持つ世界レベルの実力派シンガー。

カナダに留学経験を持つRihwa(リファ)はカントリー・ミュージックに影響を受けたシンガーソングライター。

世界を視野に入れ活動してきた若き実力派R&Bシンガー。

ソウルフルな歌声で、ジャンルレスな音楽を展開。

深みのあるハスキー・ボイスが話題のシンガーソングライターAimer(エメ)。

本名・生年月日・出身地など詳しいプロフィールは一切非公表であり、「謎だらけのシンガー」の異名を持つ。

妄想と現実の間を行き来するような歌を作る妄想系シンガーソングライター。

『科捜研の女』主題歌に抜擢されたことで話題のシンガーソングライター。

15歳という若さにして、才を咲かすソロシンガー・諭吉佳作/men(ユキチカサクメン)。

凄まじい勢いで指示を拡大。ボカロ出身のシンガーソングライターEve(いぶ)。

ボカロP「バルーン」として活動を開始し、シンガーソングライターとしても活躍をする「須田景凪」(すだけいな)

ボカロPでありコンポーザーでもある“n-buna(ナブナ)”が、今までに行ったライブでボーカルを務めていた“suis(スイ)”を迎えて結成したバンド「ヨルシカ」

「ACAね」という名の女性ボーカリストが中心人物だということ以外は謎に包まれている。

作詞・作曲・編曲に加え、映像・イラスト制作も手掛け、2017年12月から宇都宮と東京を中心にライブ活動をスタートした。

ラッパー・シンガーのDAOKO(だをこ)と岡村靖幸のコラボ。

新少女世代言葉の魔術師。“激情派”とも呼ばれるパフォーマンスや詞世界が業界でも注目される。

次世代のアニソン歌姫。親しみやすいキャラクターと独特なファッションセンス、パワフルなパフォーマンスで人気を博す。

卓越したギタープレイとボーカルをもつ、シンガーソングライター。

女性シンガー・ソングライター。自宅で録音した音源をネットに公開し、人気を博す。愛称はラブサマちゃんなど。

1 2 3 4 5