1. まとめトップ

【デビュー目前?!】今話題のジャニーズJr.“SixTONES”とは?

もくじ▪️SixTONESとは?▪️メンバー紹介▪️おすすめバラエティ動画▪️おすすめパフォーマンス動画

更新日: 2019年01月10日

4 お気に入り 19239 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ただのOL

ToTo-ToToさん

【タッキーがプロデュースしたMVが話題の“SixTONES”】

芸能活動引退を前に滝沢秀明がMVを初プロデュース!
デビュー前のJr.がMVを製作するのは異例のこと。

【タッキーがSixTONESの売り出しを計画?】

タッキーのプロデュースはMVだけに留まらない?

滝沢秀明が事実上トップに就任する新会社設立か SixTONESを売り出すと文春が報道

●滝沢秀明は、ジャニー喜多川社長の後継者としてプロデューサー業をスタートさせる
●ジャニーズの子会社が設立され、滝沢が事実上トップに就任する計画が進んでいると報道
●「売り出す第1弾のアーティストは『SixTONES』と言われている」とジャニー氏の知人

さらに、
SixTONESは2018年年末に放送された『超豪華!! 最初で最後の大同窓会!8時だJ』では、タッキー&翼のバックダンサー務めた。

【飛躍が期待されるジャニーズJr.“SixTONES”とは?】

そのパフォーマンス力、バラエティ力はもはやJr.のレベルを超えている。

■メンバー

まずは、メンバー紹介から。
個性的でタイプが違うイケメンたち。
必ず、好みのメンバーがみつかるはず。

ジェシー(じぇしー);高身長ひょうきん者ハーフ

ジャニーズJr.で1、2を争う歌唱力かつ高身長でシュッとしていながらも、とにかくボケたがる。
小藪千豊やザキヤマなどの芸人の前でも、物おじせず一発芸を披露する鋼のメンタルを持つ。

英語が堪能なため、YouTubeでは海外の視聴者に向けて英語でメッセージを送る場面もみられる。

京本 大我(きょうもと たいが);美しき青年

ジェシーとともにジャニーズJr. 1、2を争う歌唱力の持ち主。

帝国劇場「エリザベート」では過去2回、メインキャストであるルドルフ役を熱演。
山崎育三郎や城田優をはじめとする、名だたるミュージカル俳優との共演を果たした。
2019年にも同作・同役での出演が決定している。

まともな人かと思いきや、突然「俺のデビルが疼きはじめている」と厨二病を発症。
掴み所のないミステリアスな人。

ジャニーズなのに運動が苦手。
運動能力が試される企画では、目立たないように息をひそめている。

田中 樹(たなか じゅり);ワイルド爆イケ

SixTONEで唯一のツッコミ担当。メンバー5人が一斉にボケるため、大忙し。

さらに、ライブなどではMCも務める。

また、兄譲りのラップは秀逸。ライブでは自作の高速ラップを披露する。

イケイケでワイルドな田中だが、母親を“ママ”と呼び、朝はママに起こしてもらっている。

さすがっすわ〜!!!! 田中樹の彼女になりたい人生だった pic.twitter.com/DSGa66a8Vq

発言がいちいちモテるオトコのソレ。

松村 北斗(まつむら ほくと);塩顔サブカル系男子

ViViの国宝級NEXTイケメン<2018年下半期>2位の塩顔サブカル系イケメン。

メンバー同士の会話で話題が脱線し、収集がつかなくなったときに、うまく軌道修正してくれる影の立役者。

京本大我とは、ジャニーズ公認の不仲。
なんでも、馬が合わないのだとか。
アイドルにとっては触れてはいけないナイーブな話題かと思いきや、かなりいじられている。

高地 優吾(こうち ゆうご);癒し系スマイル

SixTONES最年長ながら、毎回お約束のようにメンバーにいじられる愛されキャラ。

オリジナル曲「Jungle」では、曲中でメンバーがそれぞれに合った動物を担当しているのだが、他のメンバーがライオンやコウモリといったかっこいい動物を担当する中、髙地はハリネズミを担当。

ボイスパーカッションに力を入れており、KAT-TUN中丸からもアドバイスをもらっている。

森本 慎太郎(もりもと しんたろう);わんぱく小僧

ジェシーと同じく、隙あらばボケている。SixTONESのムードメーカー。

イカついルックスとは裏腹に歌声はキャンディのように甘い。

自身がバックダンサーとしてついたSexyZone菊池風磨の単独ライブでは、「愛ing-アイシテル-」という曲でメインの菊池よりも目立ってしまっている。(ピンクの衣装)↓

1 2