1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

実際に飲んで検証♪

myskeyさん

数少ない蒸留所のある地域ですがかなり深い歴史、興味深い地域です♪ウイスキーの質もばっちり!

スプリングバンク10年

大好きなウイスキーの一つスプリングバンク(^^♪
モルトの香水と称され本当に豊かな香りにうっとりします。どうやったらこんな香りが出てくるんだろうという感じ。塩っ気も効いて特徴あるテイストに仕上がっています。ピート香はハイランドパークに共通する部分がある気がします。
ウイスキーで有名な栗林さんも敬愛する蒸留所の一つだとおっしゃってました。作り方にすごいこだわりがあるようです(*^^*)
10年では他と比べて少々とゆうかかなりお値段が高い気がしますが納得の出来です!

スプリングバンク15年

15年より上は出会う機会があまりないのでここまでしか飲んだことはありませんが10年と比べるとシェリー感アップだしスプリングバンクのいいとこは残したままコクと余韻が数段上がっている感じがします。値段も購入時8千円強だったので個人的には二つ並んでいたら10年よりはこちらがお勧めです。

ロングロウ

スプリングバンクと同じ蒸留所で作られているピーテッドタイプのウイスキーです。次に紹介するヘーゼルバーンも同じ蒸留所で作られておりそちらはノンピートなので一つの蒸留所からいろんなタイプのウイスキーが楽しめますね♪こちらの味わいは思いのほか(アイラモルトやタリスカーと比べると)ピートきつくなく良いアクセントになっている感じです。最初の一杯目でいきなりロングロウからだときつく感じるかもしれませんが(笑)

ヘーゼルバーン

ノンピートのヘーゼルバーンです。外の二本と比べるとかなりおとなしい感じがしますがオイリーな感じ、かすかな塩っ気などしっかりキャンベルタウンらしいウイスキーになっています。でもスプリングバンク蒸留所の三本の中では一番高い(知ってるお店の範囲内)のであえてボトルを開けても2本目に行く事はない気がします(笑)

グレンスコシア

個人的には少しスパイスが効きすぎているというかハーブのような鼻に抜ける爽やかさが感じられます。ナッツ系のフレーバーも感じられ一口目で「うまい!」とすぐわかるものでもなく「ん?」ともう一口飲んでしまう感じ(笑)アルコール感もピリピリしていて最後にオイリーが感じられます。

キルケラン

このウイスキーは個人的にも大好きで別の「中級者以上におススメ」でも番外編で紹介しているのでよかったらご覧ください♪スプリングバンク寄りの味だと思ったらこのお酒を蒸留しているグレンガイル蒸留所はスプリングバンク社が作ったようです。勉強不足ですいません(笑)キャンベルタウンではスプリングバンクとキルケランお勧めですよ♪

キャンベルタウンロッホ

番外編はこちら。キャンベルタウンロッホ。こちらもスプリングバンク蒸留所からのブレンデッドらしいです。なかなか希少なウイスキーのようです。ということで全く味見していないのに載せてしまうという暴挙に出てしまいました、すいません(T_T)番外編なので許してください。いつかテイスティングできる機会が来るまで。。。

1