1. まとめトップ

高齢者の"ネトウヨ"を分析‥‥スマホを片手に“理論武装”する、高齢者ネトウヨの実態とは?

高齢者ネトウヨが増えた背景には“差別の変容”もあるという。

更新日: 2019年01月05日

0 お気に入り 292 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

高齢者ネトウヨ‥‥高齢者ねっと右翼

Doragonflyさん

定年退職者もしくは老齢年金給付対象以上の人を言うことも考えられる。

高齢の線引きは曖昧且つ主観的な部分があり、判断は容易ではない。国連では60歳以上、国連の世界保健機関 (WHO) の定義では、65歳以上の人のことを高齢者としている。

高齢者ネトウヨたちの“アナログ力”は侮れない

現在のネトウヨは裾野が広がった、といったイメージですね。高齢者が突出して増えたというより年齢層も満遍なく広がった。その結果、高齢者のネトウヨも増えたという感じです

高齢ネトウヨさんが厄介なのは勿論だが、高齢サヨさんも頑固で自説に固執するので面倒臭い スマホを片手に「理論武装」増加する「高齢者ネトウヨ」の実態 #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

辺野古までわざわざ赴く行動力には叶わないよ。 増加する高齢者ネトウヨ。若者よりヤバい“リアルな行動力” - (2/2)|ニフティニュース news.nifty.com/article/magazi…

高齢者ネトウヨが増えた背景には“差別の変容”もあるという。

かつては見下す差別が主流だった。しかし、現在は“見上げる差別”が主流となっている。在日だから、特権があって恵まれてるんでしょ? ズルしてるから成功したんでしょ?という見方をされる。彼ら高齢者は自分たちが日本社会をつくってきた自負があるので、こういう見方をしてしまうのです

高齢者のネトウヨにはどんな特徴があるのだろうか。

若いネトウヨと比べて頑固な方が多いという印象は受けます。話を聞いてもこちらがメディアの人間とわかると、一言も口を利かなくなる方もいます。

時間とお金に余裕を持つ方も多いですね。

時間と暇があるので、行動に移すことも珍しくありません。

高齢者特有の“アナログ力”には注意が必要だと指摘する。

2017年に、朝鮮総連と関係の深い信用金庫に放火しようとして逮捕された65歳の男性は、取り調べで『ソウルの慰安婦像設置に抗議するためだった』と動機を話していました。ちょっと調べればわかるようなことでも、このように信じ込んでしまうあまりに、突発的に一線を越えてしまうことが高齢者ネトウヨにはありがちです。こうしたアナログ力はヘイトクライムに結びつく危険性があるのです

“老人力”が間違った方向にいかないことを願うばかりだ。

歪んだ社会貢献」であるとも語り、高齢者特有のアナログ力と間違った形の危機感の共有は、とてつもない行動力を持つと警告する。

ネトウヨから絶大な支持を集めるブログ「余命三年時事日記」を通じて弁護士に根拠のない大量の懲戒請求を行った者たちが、逆に弁護士から訴えられるという事件が表面化し話題になった。

ブログでは弁護士たちを「外国の勢力と通じて武力を行使させる『外患誘致罪』にあたり、死刑に相当する」として、懲戒請求書のテンプレを掲載。ブログに感化された読者約1000人がブログを通じて全国各地の弁護士会に送りつけたのである。

こうした不当な懲戒請求に対して、10月末から弁護士たちの反訴が始まった。

それにより、懲戒請求をした、いわゆるネトウヨと呼ばれる人たちには意外にも高齢者が多かったことが判明したのだ。

和解の申し入れや謝罪などの連絡をしてくる人が何十人かいるが、一番若い人で40歳。60歳や70歳という人もいたので、平均年齢は高いと感じました

1