1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『コウノドリ』のあの中学生も!『3年A組』は非メジャー俳優にも注目

2019年1月期冬ドラマでトップクラスの期待を集める『3年A組−今から皆さんは、人質です−』。生徒役には永野芽郁や川栄李奈、今田美桜などブレイク済みのメジャー俳優も多いが、注目はまだ名前と顔が一致しないかも知れない非メジャー俳優。実はあの名作ドラマにも出ていた望月歩、萩原利久、森七菜、神尾楓珠ほか。

更新日: 2019年03月18日

4 お気に入り 174637 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆冬ドラマの中でトップクラスの期待を集める『3年A組』

卒業まで残り10日間となった高校を舞台に、1人の教師が29人の生徒を人質にし、ある”真実”と向き合う姿を描く学園ミステリー。

菅田将暉演じる柊一颯は、生徒の茅野さくららに「今から皆さんは…僕の人質です」と宣言する。脚本はドラマ「家族ゲーム」(2013年、フジテレビ系)などを手掛けた武藤将吾。

19年1月期“冬ドラマ”期待度1位は『家売るオンナ』続編。2位は菅田将暉主演の学園ミステリーで日テレが1、2位独占。

◆朝ドラ女優の永野芽郁らすでにメジャーな若手俳優も多いが…

出席番号10 茅野さくら 本心を隠し、常に空気を読んで行動する 高校生活『満足度0%』の学級委員 #永野芽郁 #3A pic.twitter.com/Y9Bzg4TObD

生徒の1人となるヒロイン・茅野さくら役は、菅田主演の映画「帝一の國」(17年)で共演経験もある女優の永野芽郁(19)。NHK連続テレビ小説「半分、青い。」以来のドラマ出演。

そのほか注目は、川栄李奈、上白石萌歌、今田美桜、福原遥、片寄涼太。

川栄はダンス部所属の活発女子・宇佐美香帆役、上白石は孤高の少女・景山澪奈役、今田はスーパー読者モデルでクラスメイトの憧れの的・諏訪唯月役、福原は恋愛体質系女子・水越涼音役、片寄は学校1の悪大将・甲斐隼人役を担当する。

◆注目は非メジャー俳優 実はあのドラマに出ていた俳優だった

▼陸上部員役の望月歩は『コウノドリ』では中学生父を演じた

望月の演技力には定評があります。『ソロモンの偽証』での精神を歪ませ不気味さを漂わせる表情、ドラマ『コウノドリ』では、同級生を妊娠させてしまい生まれた子どもは結局養子に出すしかなかった無力な中学生の父親を丁寧に演じました。

『コウノドリ』(2015)

望月歩と山口まゆ

『コウノドリ』シリーズでも屈指の神回

石原さとみ主演の金曜ドラマ『アンナチュラル』。回を追うごとに評価が高まる一方だが、第7話「殺人遊戯」において、ストーリー全体の狂言回し的な高校生役を演じた望月歩への反響もまた少なくない。

▼クール男子役を演じる萩原利久は『あな家』の息子役

美術部と映画研究会に所属する頭脳明晰なクール男子・逢沢博己(あいざわひろき)に萩原利久。

中谷美紀主演の「あなたには帰る家がある」。若手俳優の注目株・萩原利久は、太郎(ユースケ・サンタマリア)、綾子(木村多江)という共に“ヤバ過ぎる”両親を持つ「茄子田家」の長男・慎吾を演じている。

『あなたには帰る家がある』(2018)

萩原利久と桜田ひより

子役出身者であり、まだ10代ながら器用な演技を見せたのが萩原利久。『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』『高崎グラフィティ。』で等身大の若者像を体現し、私たちの過ぎた青春の日々の“痛み”や“苦味”、“悦び”を彼は思い出させてくれた。2019年、期待である。

共に2018年公開映画

▼電脳部員役の森七菜は前クール『けもなれ』でも話題を呼んだ

ドラマ「獣になれない私たち」第5話(7日放送)で描かれた過去の回想シーンに登場した女優の森七菜が「可愛い」と注目を浴びている。

1 2