1. まとめトップ
1 お気に入り 4036 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

猫の島と言われるくらいたくさんのニャンコたちに会える「田代島」。今回は「田代島」の紹介とニャンコスポットをご紹介します。

2613decさん

田代島とは?

田代島は宮城県石巻市に属し、旧北上川河口から東南約17キロメートルに位置する田代島は海や緑に囲まれた自然豊かな島です。

田代島の人口は平成27年で82人と住んでいる人は少なくゆっくりとした時間を過ごせる観光スポット。
田代島の周囲は約12km、面積は3.14kmと小さい島で、コバルトブルーの海に囲まれています。

一年中穏やかな気候で過ごせる田代島

田代島は一年を通して夏と冬の寒暖の差が少なく真冬でも平均の最低気温が0度を下回ることもなく観光スポットとしては絶好の場所。
また、田代島は猫が多いことも考えるとこの島は人と猫にとっても空気が綺麗で過ごしやすい環境だと言えます。
海に囲まれているので風が吹くことはありますがいつでも新鮮な空気を味わえます。

田代島にはなぜ猫が多い?

地元の人々は大漁や海難事故の守り神として猫をとても大切にしていることから、いつの間にか猫が徐々に増え続け、現在では「ネコの島」と呼ばれるようになりました。
正確な数字は分かっていませんが、少なくとも100匹以上の猫がいると言われています。

おはよう、チビニャンコ。昨年、10月に猫島と呼ばれている、宮城県田代島に行った際に出会ったチビニャンコです。前脚の位置も私にはツボでした(笑)チビニャンコながら、かっこいいニャンコでした将来ボス猫になりそうな予感? #ノラ猫 #田代島 #猫島 #チビ #猫 #稟として pic.twitter.com/1AVAvm2Hxm

猫に会えるおすすめのスポット

フェリーが到着する2つの港のうち1つから近い場所にある、島の南東部に位置するのが仁斗田地区。
山側へと広がる集落には田代島の多くの猫が集まり、集落の路地で過ごす猫の姿を見ることができます。

ゆっくりと軒先でひなたぼっこをしている猫を見たり、集落の西にある「阿部ツ商店」は特に多く猫が集まる人気スポットです。

マンガアイランドから仁斗田に戻る途中で出会った猫さん。雄雌不明だけどけっこうイケメン。写真拡大してみたら… 舌出てるよ〜 12月14日 田代島にて #田代島 pic.twitter.com/EAWi6QZtSd

仁斗田集落から歩いて10分ほどの高台に位置する「マンガアイランド」は、漫画家のちばてつやと里中満智子がデザインしたマンガロッジがあるアウトドア施設。
猫型のロッジや、内部に展示されている有名漫画家による猫の絵も可愛いですが、このマンガアイランドにも猫たちが集まっていることが多くあります。
テーブルとベンチが設置されているので、天気の良い日は猫たちとのんびり太陽に当たったり、猫の姿を眺めながら持参したお弁当を広げたりするのもいいかも。

今しがた、珍しいお客様が!君はいつぞやの子猫ちゃん‼︎マンガアイランドでたった2日間しか姿を見せてくれず、その後パッタリと見かけなかったんだよなぁ…とにかく元気に育ってくれてて良かった… #田代島 #猫島 #島猫 #ねこ #ネコ #田代島クロネコ堂 #tashirojima #catisland #catstagram #cats pic.twitter.com/bvjXVHz76G

田代島ではもちろん猫に会いたいけど、観光客で混雑してるのは苦手・・・という人にオススメなのが、島の北東部に位置する「大泊」地区。
石巻港とを結ぶフェリーが発着するもうひとつの港があり、山側へと集落が広がっています。

大泊の魅力は、仁斗田に比較して観光客が少ないこと。
観光客の多くは猫がたくさん暮らす仁斗田へ向かうため、この大泊に立ち寄る観光客は意外に少ないのです。
とはいえ、この大泊を生活圏にしている猫は多くいます。
とくに港に隣接した空き地は、猫たちが集まっていることが多い場所!

田代島大泊港。 「どん兵衛」「けんぞう」 大泊港の守り猫コンビ 冬だから、いつもよりふっくら! あっいつも通りだった❣️ 本日も、田代島島のえき 営業してます あたたまりにお寄りください。 #田代島#田代島島のえき#田代島にゃんこ共和国#どん兵衛#けんぞう#猫 pic.twitter.com/95UQrNIRVd

島内の観光で絶対行っていただきたいのが、こちらの神社です。
こちらの神社は、過去に国土交通省「島の宝100景」に選定されたこともあるそうです。
島の中心部にあるので少し歩かなければいけませんが、地元の人や観光客が猫にまつまるさまざまなものをお供えしていきます。
みなさんもこちらのスポットへ行くと、御利益があるかも?

田代島のおすすめカフェ

1 2