1. まとめトップ

青いカレーも! 富士山五合目付近で食べられる富士山をモチーフにしたおすすめグルメ7選

観光客も多く訪れる富士山。今回は日本の象徴ともなる富士山をモチーフにしたグルメをご紹介します。

更新日: 2019年02月14日

1 お気に入り 679 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

観光客も多く訪れる富士山。今回は日本の象徴ともなる富士山をモチーフにしたグルメをご紹介します。

2613decさん

静岡県富士山世界遺産センター内「富士山 LAVA CAFE」にある「青いカレー」「赤いカレー」

”富士山 LAVA CAFE(ラヴァカフェ)”は中央自動車道 河口湖インターからすぐにある『山梨県立富士山世界遺産センター』内2Fにあるカフェ。
店内からは富士山を眺望できるロケーションで、ゆったりとした空間でお食事やコーヒー等をお召し上がりいただけます。

北館にあるカフェ「Lava Café(ラヴァカフェ)」では、見た目が富士山そっくりなカレー「Mt.Fuji Curry」が登場しました!
なんと「ルー」が青色!?
さらにピクルスを使って富士の樹海を表現!?等々こだわりの一品です。

「青い富士山カレー」の最大の特徴は、なんといってもその青い色。
富士山の山肌を忠実に再現する青色のカレールーの開発に着手し、半年以上もの時間をかけて試作を重ね完成に至りました。

味わいは、普通のカレーとは一味違い、奥深い深みとコク、そして食べたときに感じる驚きのクリーミーさを追求。

「赤い富士山カレー」は、従来のクリーミーな「青い富士山カレー」とは異なり、赤い色から想定される辛口カレーで、スパイスの山椒と麻辣のシビれるような辛さが特徴。
また、ただ辛いだけではなく、辛さの中に美味しさを感じられるようかつおや昆布などの、外国人観光客からも人気の高い和風出汁で、日本の「旨味 ~UMAMI~」を演出しているとのこと。

真っ黒な「富士山溶岩ドッグ」。
生地に竹炭を練り混んだ艶光りする鉛色のパンは、固まった溶岩そのもの。
ウインナーとケチャップの赤がメラメラと流れ出る溶岩をイメージ。
もちろんパンの食感はふわふわなのでご安心を。
夏季には、富士山の天然水で作ったかき氷などのメニューも登場します。

富士山五合目で食べる「噴火カツカレー」?!

レストランや土産店、富士火山学術資料館などがあり、屋上は展望台になっています。

富士山噴火カレー。
ご飯が高く積まれており、カレーが溶岩のよう。
頂上部分には火山を表す赤い福神漬けがあります。

トッピングが富士山みたいに盛られた1番人気のメニュー。
味噌ベースのスープに、ネギ、キャベツ、ちくわ天、味玉、わかめ、人参千切り、肉、油揚げと超豪華!
すりだね(辛いやつ)入れると味が引き締まって良い感じ、すりだねは甘さとかない系のやつで、中々辛かったです。

五合園レストハウス内のパン屋「あまの屋」で食べる「富士山メロン」!

富士スバルライン終点地にある五合園レストハウス内のパン屋「あまの屋」。
丸太を組み上げたカントリー風の外観がとっても素敵ですよね。

その名の通り富士山の形をイメージしたメロンパン!
そびえたつフォルムだけでなく、溶岩石をココアパウダーで、降り積もる雪を粉糖で表現するなど、細かい部分までリアルに再現されています。
富士山をバックにしたその姿……まさにそっくりです!

こちらのメロンパン、専用BOXでお持ち帰りもできます。
ひとつはその場で食べて、あとはBOXにいれてお土産にしても喜ばれそうですよね。
召し上がる際は電子レンジやトースターで少し温めると、おうちでも焼きたてのおいしさを味わうことができるようですよ。

炭が練りこまれた黒いうどん「ふじや」

1 2