1. まとめトップ

ノート術で人生を変える!!ビジネス本ランキング一位「メモの魔力」を読んでわかったこと

2018年クリスマス発行 ビジネス本ランキングに滑り込んだ本!2018年末に出版された2018年12月25日 発行 著者 前田裕二 「メモの魔力」関連 ビジネス 学び 勉強 雑学 メモ 自己啓発

更新日: 2019年01月13日

16 お気に入り 10732 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

年間500冊以上を読破する薬学生が薦める。近年まれにみる良本「メモの魔力」これ一冊がメモ関連本すべてをカバー  自分の体験、感想、考えを織り交ぜ メモの魔力の一部をご紹介します。ビジネス、勉強に必ず役立つはずです。

たった6日間で2018年ビジネス本ランキングに滑りこんだ!

これ一冊でいい! その他のメモ帳、ノート術本を蹂躙!
よりクリエイティブに!! 自分を見つめる!! 夢をかなえる!

そんな「メモの魔力」の一部を自分の感想、考え、体験を交えご紹介します

今回の献立

■メモによって身につく能力
■どんなメモを書けば身につくのか
■メモの構成を成功させるポイント
■続かない!などの問題解決案
■私の体験から知るメモの良さ

■メモによって身につく5つの能力

この5つ!
  ①知的生産能力の向上
  ②情報獲得能力の向上
  ③傾聴能力の向上
  ④構造化能力の向上
  ⑤言語化能力の向上

①知的生産能力が身につく

近年、仕事が奪われるという恐怖が多くの人にある中、ただ記録するだけならばAIに仕事を奪われてしまいます。
ただのメモに独自のエッセンスを加え、アイディアに昇華するという創造生産力を鍛えるということがこれから重要になっていきます。

①知的生産能力の向上

集めた情報を自分の視点、エッセンス、体験・経験からアイディアに昇華させる。
他では生み出せないオリジナルを生み出す

②情報獲得能力が上がる。

会議や授業、テレビ映画の情報まで、私たちは生活で情報に触れる機会は多いはず、その中で重要な情報を逃すということはもったいない。また、どこかで聞いたことあるのに、聞き逃してしまったという失敗も経験したことがあるのではないでしょうか?

②情報獲得能力が上がる。
メモを習慣とすることで、情報に対するアンテナの感度が高まり、細かいことまで見逃さないようになる。

③傾聴能力向上

興味を持ってくれている相手に対してついつい話過ぎてしまった。話しにくくて言いたいことが言えなかったという経験があるはずです。

③傾聴能力の向上
メモを取るという行為で、相手の話すモチベーションが上がり、より深い話、情報をうまく引き出せる

また、情報を抜き取るだけでなく相手に好印象を持たせ、取引や交渉、営業で優位に働きます。

④構造化能力が上がる

こんな経験は、
色々な人が発言し会議や授業で話の繋がりが分からない、脱線してしまった、結局どういった話なのか分からない、今何の話をしているの?

④構造化能力の向上
メモを取ることで話しの方向性、関係性が理解できるようになり、全体を把握できる。

構造化を練習することで
理解力や論理展開力の強化が可能になります。
延いては、本質を見るということで、問題解決能力が高まる。

⑤言語化能力が上がる

あーこう言いたいのに言葉が出てこない、どうせ説明していいのかわからない。
といういうとき、
メモを習慣とすれば、いつも文字としてメモしていることをただ言葉にすればいいだけ!

⑤言語化能力が上がる 
メモとして文字に起こして考えを書くので、自分の考えがスムーズに言葉にできるようになる。

体験や感想の表現方法が多彩に。

やばい!すごい!うまい!なんておさらば

■どんなメモを書けば身につく??

本来メモとは……
記録として使うもの

メモするだけで本当にそんな力、身につくのか??

ただ記録するだけになってしまいがち……

1 2 3