1. まとめトップ

税・お金・働き方…2019年~2020年に変わること(新制度・法改正)月別まとめ

税・お金・雇用(働き方)など、私達の生活で知っておきたい2019年・2020年の新制度・法改正・変わることをまとめてみました。休眠預金、出国税、改正入国管理法、働き方改革関連法、専門職大学、改元で新元号令和、消費税10%増税、軽減税率、キャッシュレス決済還元、プログラミング必修化等。

更新日: 2020年01月11日

14 お気に入り 51893 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

休眠預金、出国税、改正入国管理法、働き方改革関連法、新元号「令和(れいわ)」、消費税増税、プログラミング必修化など、2019年・2020年の知っておきたい新制度をまとめました。

lifexyzさん

◆知っておきたい新制度・変わること

税・お金・雇用(働き方)など、私達の生活で知っておきたい新制度・法改正・変わることを月別にまとめてみました。

2019年・2020年編。

【2019年】

休眠預金等活用法
出国税
改正入国管理法
働き方改革関連法
専門職大学
新元号「令和(れいわ)」
消費税10%増税、軽減税率

など、私たちの生活で知っておきたい重要な新制度をチェックしていきましょう。

1月

◆休眠預金等活用法

2018年1月に「休眠預金等活用法」が施行。
これにより、2019年1月より、10年以上放置している預金を国が公共のために使えるようになる。

休眠預金とは、銀行に預けているお金で10年以上取引が全くない預金のこと

2019年1月から、『休眠預金等活用法』により10年以上放置された預金は『休眠口座』と見なされ簡単に下ろせなくなってしまいます

自分の口座が休眠預金になったからと言って、お金が没収されるわけではありません

後で手続きをすれば引き出せる。

休眠預金… 10年以上動きのない口座は社会に使われる運用に今年からなるんだって!

◆出国税(国際観光旅客税)

出国する際に1000円が徴収される”出国税”が、
2019年1月7日からスタート

税収は、訪日客の受け入れ体制の充実に活用

顔認証ゲートの配備や多言語案内板の設置などに
使われる予定。

日本を出国する人から 1人当たり1000円を徴収する 「国際観光旅客税」いわゆる 「出国税」が今日から導入。 顔認証ゲートや観光スポットの多言語 対応のためなどに使われることに。 税金の正しい使い道を望む

今日から、飛行機や船で日本を出国する人から1人あたり1000円の国際観光旅客税(出国税)が徴収されるのね。対象は日本人のほか訪日外国人客もで、航空会社などのチケット料金に上乗せされる。税収は顔認証システムなどの観光振興の施策に充てるって。 pic.twitter.com/0Bg1ZuIU4e

◆モバイルバッテリー規制強化

2019年2月1日以降、モバイルバッテリーはリチウムイオン蓄電池の技術基準に適合し、PSEマークが表示されているものでなければ、販売不可となる

2月1日の法改正を前に「モバイルバッテリー」が安売りされているって本当? 家電量販店に聞いた - FNNプライムオンライン fnn.jp/posts/00415200… #FNN #モバイルバッテリー

4月

◆改正入国管理法

4月より、外国人労働者の受け入れを拡大する改正出入国管理法が施行される。

【改正出入国管理法】
新たな在留資格・特定技能を設けて、外国人材の受け入れを拡大するもの。
人材不足が深刻な、介護・農業・建設など14の業種で5年間で最大約34万人の受け入れを見込む。

1 2 3 4 5 6