1. まとめトップ

揺らぐ明かりで癒しタイム♪素敵な『ロウソク』❻選

毎日を少し特別にしてくれる明かりです

更新日: 2019年01月08日

6 お気に入り 1722 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

毎日を少し特別にしてくれる明かりです

jetwskyさん

■『色ろうそく』■

思わず、そのままとっておきたくなるほどきれいな色たち。しかし、過保護はダメダメ!この色たちは使ってこそ本領を発揮するのです。鉄の鋳肌にはピンクでモダンに、白い陶器には水色で涼やかに、真鍮にはピーコックでエキゾチックに、などなど燭台との様々なコーディネイトが抜群にはまり、しかもそこに灯の色がプラスされれば、本当にキレイな色の世界が表れます。ぜひ1度体感してみてください。糠蝋100%。燃焼時間 約60分(使用条件により、異なる場合があります)

鉄の鋳肌にはピンクでモダンに、白い陶器には水色で涼やかに、真鍮にはピーコックでエキゾチックに、などなど燭台との様々なコーディネイトが抜群にはまり、しかもそこに灯の色がプラスされれば、本当にキレイな色の世界が表れます。

ゆらぎに癒される、近江の手造り和ろうそく大與は、純植物性100パーセント。純植物性100パーセントのカラフルな和ろうそく

■『OLGA GOOSE CANDLE』■

ブランド名の由来は、1920~30年代に舞台や映画で活躍したモスクワの女優オルガ・バクラノヴァより。”ガチョウ女の作る儀式道具”をテーマに、 独自で型や色を調合し、すべてハンドメイドで製作されています。

OLGAのキャンドルは、『ガチョウ女の作る儀式道具』をテーマに、独自で型や色を調合し、すべてハンドメイドで制作されています。

効能:もっとなかよし
 リネンの香り
小説の中では、おしゃべりなピーナッツ達。
小さくてカワイイんです。

■『レインボーキャンドル』■

炎に銅を入れると緑に、リチウムを入れると赤色に炎が変化するといった「炎色反応」を利用し、特許技術によって世界で初めて虹色の炎をともすことを可能にしたのが「レインボーキャンドル」です。

クリスマス後夜祭ヽ(・∀・)ノ レインボーキャンドル&チーズケーキ♪ pic.twitter.com/3lOyGXzFjG

■『お米のろうそく』■

1914年、大西與一郎が滋賀県高島郡(現高島市)今津町にて創業以来、四代に渡って百余年。和ろうそく一筋、専門店として、今日まで数多くのお客さまに愛され、育てられてきました。

先代からの伝統や技を引き継いたこだわりの和ろうそくはもちろん、四代目・大西 巧さんが自らデザイン・プロデュースした「お米のろうそく」にも評価が高まっている。

お米のヌカに含まれる蝋のみで作られており、蝋の垂れや、油煙が少なく安心してお使いいただけます。無香料・無着色、純植物性の蝋なので、人にも環境にもやさしい和ろうそくです。

■『YANKEE CANDLE』■

1 2