1. まとめトップ

風邪が長引くありがちな誤解 10選  解熱剤、抗生物質はアリ?ナシ?お風呂は?早く治す方法は?

風邪に関する誤解 10選  解熱剤、抗生物質はアリ?ナシ?お風呂は?早く治す方法は?

更新日: 2019年01月12日

5 お気に入り 2630 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

風邪に関する誤解 10選  解熱剤、抗生物質はアリ?ナシ?お風呂は?早く治す方法は?

今回は風邪に関する誤解 10選に風邪に関する基本的な知識を加え解説します。

風邪に関する誤解 10選

①風邪の時に抗生物質を飲む??
②風邪を治す薬はあるの?
③解熱剤を飲むのは間違い?
④咳止めは使わない?
⑤病院はいくべき?
⑥汗をかいたほうがいい?
⑦お風呂は入るな?
⑧風邪は早く治せる?
⑨風邪の時のご飯は栄養のあるものを食べたほうがいい?
⑩うがいと手洗いで口からの感染を防げる?

全部の答えとまとめは一番最後に!

①風邪の時に抗生物質を飲む??

結論からいうと……ほとんどの場合飲む必要ありません!!

なぜ。抗生物質に効果がないのか?

そもそも 抗生物質は細菌に対して効果を発揮するもの!

実は風邪の原因は90%が細菌でなく「ウイルス」によるものです
だから、抗生物質を飲んでも効果ないんですね

しかし、病院で処方されるのは抗生物質、咳止めばかり……
ウイルスに対する薬はなぜ使わないのか?

②風邪を治す薬はあるの?

風邪の特効薬はありません。

ウイルスに対する薬は抗インフルエンザ薬などがありますが……
風邪の原因となる多くのウイルスに対抗する薬はありません。

ただし、インフルエンザに感染している場合は抗インフルエンザ薬が有効です。
体内でのウイルスの増殖を抑える薬なので早めの服用が肝心です。

そのため、ウイルスの場合は自力(免疫力)で治すしかありません

使うべき薬は対処療法と呼ばれる、症状緩和のための薬のみです

③解熱剤を飲むのは間違い?

抗生物質の次に解熱剤の使用について説明します。

解熱剤とはその名の通り、熱を下げるお薬です。
風邪で熱が出たとき、苦しさを和らげるために使われますが……

発熱することで体の免疫力を上げているのです。

つまり、解熱剤の使用は風邪を長引かせてしまいます。

④咳止めは使わない?

次に咳止めの使用はどうか?

咳の症状を抑えるために使用されます。

1 2 3