1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

レジェンドがまた一人…元日本代表DF中澤佑二が引退を発表

W杯での活躍は忘れません。20年間お疲れ様でした。

更新日: 2019年01月08日

6 お気に入り 8193 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■元日本代表DF中澤佑二が現役引退を発表

■名実ともに日本サッカー史に残るCBとなった中澤選手

510 - 2018年シーズン限りでの引退を発表した中澤佑二は、横浜FMのクラブ史上最多となる510試合に出場した。またJリーグでは歴代3位の通算593試合に出場した。 横浜FMでの出場試合数 510試合 - 中澤佑二 385試合 - 松田直樹 338試合 - 中村俊輔 316試合 - 栗原勇蔵 287試合 - 上野良治 ボンバー。 pic.twitter.com/CidvMa7Bp2

埼玉の三郷工技術高を卒業後ブラジルに留学し、1999年に東京ヴェルディでプロ生活をスタートさせ、2002年に横浜FMに加入。

03年からのリーグ連覇に貢献し、04年にはJリーグ最優秀選手賞を獲得するなど、日本サッカー史に残るセンターバックに成長。

J1での連続出場199試合、連続フルタイム出場178試合はフィールド選手として歴代最長で、日本代表としても2回のW杯に出場した。

■「自分の決断に1ミリの後悔もない」

【#中澤佑二 選手 現役引退のお知らせ】 この度、2002年から17シーズン共に闘ってきた中澤佑二選手が、2018シーズン限りで現役を引退することになりましたので、お知らせいたします。 #fmarinos #ボンバー pic.twitter.com/gRHZ4MjnYi

普段の生活からプロフェッショナルを貫いていたが、近年は慢性的な左膝痛に悩まされており、昨季のリーグ戦出場は22試合だった。

「自分の中では、プロ20年目となる昨シーズンを一つの区切りとして考え、全てを出し切るという思いで最終戦まで走り続けました」

「シーズンを終え、自分の思いを整理した中で、このクラブでユニフォームを脱ぎたい、それが一番の恩返しになるんじゃないかなと」

「現役を続ける選択肢もありましたが、最後は”中澤佑二”らしく、自分の決断を信じ、1ミリの後悔もなくピッチを去ろうと思います」

中澤の印象に残ってるプレーその1 チリ戦での謎神トラップからの岡崎にラストパス 当時凄すぎて笑ってしまった #fmarinos #中澤佑二 pic.twitter.com/HhfPeQxwRg

中澤引退するのか 一つの時代が終わった感がすごい

中澤佑二引退するのか〜 2010年のW杯では闘莉王とのCBのコンビは最強だと思ってたのが懐かしい 小笠原満男とかベテラン選手が引退していく

ミスターマリノスの中澤が引退してしまうのか…。 また一人…また一人、ベテラン選手が引退するのは本当に寂しいね…。

■今オフは功労者たちの引退が相次いでいる

鹿島の生ける伝説…元日本代表MF小笠原満男

12月27日、今季限りで現役引退をすると発表した元日本代表MF小笠原満男(39)。

1998年に大船渡高校から鹿島アントラーズに入団して以降、鹿島一筋でプレーし、全20冠のうち17冠の獲得に貢献してきた。

「ピッチに立ってチームを勝たせることができなくなった。まだサッカーをやっていたいという気持ちもあるが、身を引くときが来た」

今後は「鹿島に育ててもらった。恩返しがしたい」と何らかの形でクラブ運営に携わっていくという。

日本サッカー史上最高のGK…元日本代表GK川口能活

12月2日のJ3最終節・鹿児島ユナイテッドFC戦をもって現役を引退した元日本代表GK川口能活(43)。

日本が初めて出場した1998年フランス大会から4大会連続でW杯メンバー入りし、”炎の守護神”として活躍してきた。

「日本代表の成長を見て、選手としてではなく、また違った形で貢献したいという思いが強くなり、引退する覚悟を決めた」

1 2