1. まとめトップ

美肌レシピ公開♡1か月でまるで別人♡試してみて!「ニベアにちょい足し」でシミが消える!?

ニベアにちょこっと○○をプラスして使うだけで、長年悩まされたしつこいシミがウソみたいに消えるんですって。本当にそんな効果があるの?○○の正しい使いかたとは?リアルな口コミも見たい!まとめの最後に、このアイテムが本当にいいのかどうか結論を総評として書いておきますのでよろしくお願いします。

更新日: 2019年02月04日

4 お気に入り 418043 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ウソみたいな実在のアイテムが話題になってました。

KaitTangueさん

ニベアにちょこっと○○をプラスして使うだけで、長年悩まされたしつこいシミがウソみたいに消えるんですって。その魔法のアイテムとは?本当に消えるの?
いい情報は公式から取りますが、リアルな口コミも探しておきました。

個人的意見としては、そういう考え方もあるんだな、という参考になりました。
使用してみた人の意見をリサーチしてみると「私には合わなかった」という声も目立ちました。
「コスパ的に私はこれは選ばない」という人もいましたし、
「これなら○○(別のアイテム名)の方がいい」
という人ももちろんいました。
このまとめを、「ニベアのより効果的な使い方」を自分なりに完成させる「考え方」の参考にしていただければ幸いです。

ここでご紹介しているアイテムを使わなくてももちろん大丈夫。
皆さんの肌に合う愛用のコスメに美白効果があるなら、それをニベアと併用すればより一層効果を引き出せるはず。そのことに気づいていただけることと思います。

よかったら最後までこのまとめにお付き合いください。

ニベア青缶の使い方を変えると劇的効果アップになるらしい

ニベアにビタミンCをプラスするという考え方らしいです。

「ビタブリッドCフェイス」や「ビタブリッドCスキン」の商品についての広告で、「ニベアの青缶」と混ぜると効果的だ・・・としている広告をよく見かけるようになりました。

引用
https://sukima.info/vitabridc-face/use-with-nivea/

・ビタブリッドCフェイスは純粋な「アスコルビン酸(ビタミンC)」をお肌に届ける商品である

・純粋な「アスコルビン酸」はLDH構造の「酸化亜鉛」からイオン交換により放出される

これがまず、ビタブリッドCフェイスパウダーの大きな特徴となっています。一般的なビタミンC化粧品では、純粋ビタミンCの扱いの難しさから、ビタミンC誘導体を使っているわけです。それをビタブリッドCフェイスパウダーは、LDHという酸化亜鉛を使った製造加工技術によって、純粋ビタミンCを安定化させることに成功しました。

酸化亜鉛の球体に閉じ込められたアスコルビン酸(純粋ビタミンC)は、汗や皮脂老廃物等に含まれるイオンと反応し、放出されていきます。(※最長12時間)その際、逆に皮脂等は酸化亜鉛の球体側に吸着されていくことから、ビタブリッドCにおいてはイオン交換と呼んでいます。

要約しますと、「ビタブリッドCフェイス」は純粋なビタミンCを、肌に塗布した後12時間放出し続け、肌に与え続けられるアイテムであるということです。「ビタブリッドCフェイス」は粉状です。また、ビタミンCは水溶性なので、化粧水とニベア青缶を併用することで「ビタブリッドCフェイス」の効果を肌に伝え、同時に効果を閉じ込めて逃さないようにするというわけですね。

平子理沙さんも愛用していると話題になりました。彼女の美しい肌は「ビタブリッドCフェイス」によって作られているのだ、と。ただし、話題が先行して使い方を間違ってしまう人も多いのだとか。
あと、広告で「シミ消し魔法のアイテム!」的な売り出し方をされているのでうさんくさいと思われがちのようです。

ビタブリッドCフェイスと言えば純粋なビタミンC、そこに一般家庭でよく使われるあのニベア青缶をあわせて使うだけでなぜ効果が上がるのか知りたい人は多いと思いますが、実はこの話題にはちゃんとした理由があります。

またこれを知った人の中には実際にビタブリッドCフェイスとニベアを使いネットに上げている人もいますが、良く見るとその使い方がちょっと間違っている人もいます。

そこでビタブリッドCフェイスとニベアの組み合わせが良い理由と、その正しい使い方について紹介します。

このアイテム自体はどうかわかりませんが、ビタミンCをニベアに追加する。
で、ニベアで蓋をするという考え方そのものは
いろんなコスメに流用できそうだなと思うんです。

では、「ビタブリッドCフェイス」の使い方いついて見ていきましょう。

「ビタブリッドCフェイス」の正しい使い方

正しい使い方のステップ

1・洗顔
2・ビタブリッドCフェイスを化粧水に溶かし塗る
3・その後ニベアを塗る

※ビタブリッドCフェイスを溶かすのは水でもOK

ネットで見かけるのは、ニベアにビタブリッドCフェイスを混ぜて使ったという口コミです。

でもよく考えてみて下さい。ニベアにビタブリッドCフェイスを混ぜたからと言って、高級クリームと同じ成分になるワケではありません。

そもそもクリームを使う意味はお肌にフタをして保湿効果を上げる事ですし、ニベアの正式な使い方を見ても、洗顔や入浴後に使うとなっています。

またパウダー(粉)のビタブリッドCフェイスをニベアクリームにうまく混ぜて溶かすには、よほどニベアをこねくり回さないとダマになってしまいます。

つまり、ニベアとビタブリッドCフェイスを上手に使うにはどちらも正しい使い方をする事で、ビタブリッドCフェイスを浸透させた後にニベアでフタをするのが一番良い使い方です。

ビタブリッドCフェイスは一度塗ると12時間連続してビタミンCを肌に与え続けるので、ニベアとの併用で今までにない体験をするには正しい順番で使う事が大切です。

なぜニベアを併用するの?

なぜニベアなの?

ニベアは一時期海外の高級クリームと同じような成分だとして人気が爆発しました。その流れで、「ニベアならコスパもいいし使いやすい、とっつきやすい」ということでコピーに使用されたのだと思います。いうなればタイアップですね。
実際、ニベアじゃなきゃダメかというとそうでもないそうです。ワセリンでも、普段から使ってる基礎化粧品でもOK。でも、安全性とコスパを考えるとニベアかワセリンがいいよというお話だそうです。

コスパを考えると、ワセリンでもいいですね。ニベアもワセリンも同じような金額です。お肌に油の膜を作ってくれて、乾燥を防いでくれるのは保湿につながりますので、ニベアやワセリンを併用して使うのがおすすめです。

ニベアは、大人から子供まで色んな方が使えるお肌を保護してくれるクリームなので、安心して使えますよね。もちろん、他の美容クリームと併用して使っていただいても大丈夫です。

ニベア以外でも、美容成分が含まれているようなクリームでもいいです。ただし、本格的な美容クリームだと、価格が高くて、3000円から4000円といったものが多いので、コスパが安い方がよければ、やはりニベアがおすすめです。

実際に買う前にこの口コミを読んでください!!!

待ってください、待ってください、ここまでいいことばっかり書いてきましたけど、試すならリアルな口コミを見てからにしてください!
世の中に魔法なんて存在しません。どんな先端技術も万能ではないということをご理解ください。

乾燥肌で敏感肌です。毛穴が気になって試してみました。効果は…鼻の角栓がすこーしできにくくなった…かな…?程度です。化粧水に混ぜて使いましたが、ピリピリします。お肌の弱い方は合わないかもしれません。ビタミンCって水溶性のはずなので、なんとなく水ベースのものと使った方がいいかなと思って化粧水と混ぜましたが、油性のものと混ぜたほうが緩やかなのかも。口コミの数と内容見ても、モニター?サクラかな?と思うものが多いような…。今バンバン広告出してるみたいですし。

良い点は、パウダータイプで好きな量を好きなものに混ぜて使えるという点はとても使いやすいと思いました。リピは今のところなしです。効果と金額が見合わないかな。

人によってあうあわないがあるみたいです。
この方はピリピリしたそうで。
敏感肌の女性はちょっと慎重に使用したほうがいいのかも?

初回購入特典で1200円だから買いました、が結果から言って定期購入しませんでした。

使用方法は手持ちの無印の薬用美白化粧水に1振りして塗布、乳液後にニベアでガテン塗り。
うん、これってニベアが凄いんじゃない?と言うのが素直な感想。

プチプラ1500円の美白美容液、ダイレクトホワイトEX→化粧水→乳液→ニベアでも、翌日の肌の保湿力や化粧乗りも大差無い感じ。確かに継続利用で変化が大きい事はあるかも知れないけれども、5000円以上払って継続したいと思える程の実感がないので継続しませんでした。これならハイドロキノン系のクリームの方が2000円前後で洗顔後の乳液塗布時に黒いカスが付いて肌がワントーン変わるような実感があるから、1本使ったらリピしようって気になるんですけれどもね。

使って四日目ですが、バナー広告になぜニベア青缶と一緒に映ってるのかがわかる気がします。肌一番に化粧水とビタブリットを混ぜてつけるとものッッスゴク突っ張ります。だから、クリームや乳液にまぜて使ってます。効果の程はまだまだですが、他の美白エイジング化粧品(ブライト◯イジ)で半年効果が出なかったのでこちらに期待しつつ使ってみようかと。オイルに混ぜても良いのかもしれません。

評価は星3つ。
すっごくつっぱるというのが気になります。基本、オイルコントロール機能があるということなんですが、そのコントロールは「皮脂を取る」っていう意味だそうです。だから乾燥肌の人には乾燥肌を助長することになっちゃいかねないそうですよ。それがこの「突っ張る」なのでしょう。

シミが気になり使用してました。
高いのに特に効果がわからず1年くらいでやめてさしまいました。ほおのシミも変わらず、せいり前のあごまわりポツポツも変わらず…かもなくふかもなく。ただ、美容に良いことしてるーと、粉を溶かすのは好きでした。

31歳。星3つ。

結局のところ、肌を変えるなら体の内側からきれいにしないとだめってことなのじゃないかと感じました。

結論:総評

「ビタブリッドCフェイス」のメリットはわかるし、使ってみたいかなという気もしました。でも、CMのやり方を見ると非常にお金をかけて大々的に打って出ていますよね。レビューにも関係者と思われるコメントが多く、正直信用できるかどうか微妙です。
確かに「ビタミンCを12時間パックできる」というところは魅力です。しかし、費用対効果や売り方を鑑みると、「そこまでの効果ではなさそう」「ほかのアイテムでもいいかな」というのが私の結論です。リサーチ途中につい「お試し購入」をぽちりそうになりました。それも理由があって、「ビタブリッドCフェイス トライアル」で出てきた1月31日までの限定ページに、さらに表示から30分間限定で使える500円オフクーポンが提示されたからです。
トライアル自体が1月31日まで限定で1500円。短い期間の割引販売です。さらに「今から30分以内に買えば500円オフになるよ!」というたたき売りの手法。この「さあ急げ!!!」に私は強い反感を覚えました。

1 2